ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》5G通信=来年、公開入札実施の意向=科技相代理がサンパウロ市で明かす

《ブラジル》5G通信=来年、公開入札実施の意向=科技相代理がサンパウロ市で明かす

 ジュリオ・セメギーニ科学技術相代理は22日、連邦政府は国内の5G回線担当業者を決める公開入札を来年の上半期中に行う意向であることを明かした。同日付現地ニュースサイトが報じている。
 第5世代移動通信システム(5G)は、インターネット通信が高速、大容量化するだけでなく、家庭内電気機器から自動車、公共のインフラ施設までがネットワークにつながり、日常生活に大きな変化が起こると期待される技術だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》食肉大手のミネルヴァが集団休暇へ=中国への牛肉輸出停止受け2019年6月12日 《ブラジル》食肉大手のミネルヴァが集団休暇へ=中国への牛肉輸出停止受け  食肉大手のミネルヴァが11日、サンパウロ州バレットスの加工工場の職員700人に、17~30日の2週間の集団休暇を与えると発表したと11日付現地紙サイトが報じた。  集団休暇の表向きの理由は施設の保守作業のためとなっているが、実際には、ブラジル政府が中国への牛肉輸出を一時的に […]
  • 《ブラジル》郵便局が161局を閉鎖=業務最適化で職員整理も2019年5月23日 《ブラジル》郵便局が161局を閉鎖=業務最適化で職員整理も  郵便局が7月5日までに、161局を閉鎖する方針を明らかにした。これらの局を閉鎖する理由は、サービス網と労働力の最適化とされている。  閉鎖される局は、場所を借りて運営され、近くに別の局がある局を中心に選ばれた。最も多くの局が閉鎖されるのはリオ州の30局で、リオ市内だけで24 […]
  • 《ブラジル》ボウソナロ大統領「20年F1はリオで」と宣言=インテルラゴスで契約済だが2019年5月10日 《ブラジル》ボウソナロ大統領「20年F1はリオで」と宣言=インテルラゴスで契約済だが  ボウソナロ大統領が8日に突如、「2020年以降のF1はリオで開催」と発言し、毎年F1ブラジルGPを主催しているサンパウロ市インテルラゴス・サーキットの関係者が混乱に陥ったと、9日付現地紙が報じている。  事の発端は、8日にボウソナロ大統領が「インテルラゴスは公的資金が入って […]
  • 《ブラジル》航空会社アヴィアンカ運航休止で価格上昇=人気路線では1・4倍も2019年5月3日 《ブラジル》航空会社アヴィアンカ運航休止で価格上昇=人気路線では1・4倍も  【既報関連】機体ローンなどの債務不履行による航空機差し押さえにより、アヴィアンカ(A)社の国内便に欠航が相次いでいることで、需要と供給のバランスが崩れ、一部の人気路線では航空券価格がほぼ2・4倍に跳ね上がる現象が発生していると、2日付現地紙が報じた。  航空券価格比較サイト […]
  • 《サンパウロ大都市圏》フォードと組合で合意成立=工場閉鎖に伴う解雇者支援で2019年5月1日 《サンパウロ大都市圏》フォードと組合で合意成立=工場閉鎖に伴う解雇者支援で  サンパウロ大都市圏ABC地区の金属労組とフォード社が4月30日に、サンベルナルド・ド・カンポ工場の閉鎖に伴う解雇者への支援に関する合意に達した  会社側の説明によると、工場閉鎖に伴って解雇される従業員には、奨励辞任プラン(PDI)に基づく退職金と、心理面のケア、労組協賛で開 […]