ホーム | Free | カルモ桜祭りが2日から=南米随一4千本、8割が雪割

カルモ桜祭りが2日から=南米随一4千本、8割が雪割

上平渉外担当、清水実行委員長、矢野会長

 ブラジル桜イペー連盟(矢野ペドロ会長)主催の「第41回桜祭り」が8月2、3、4の3日間、サンパウロ市イタケーラ区のカルモ公園(Av. Afonso Sampaio Suza, 951)で行われる。入場無料。
 2日は正午から午後5時、3、4日は午前9時から午後5時まで。開会式は3日正午から。
 4千本を超える桜と600本のイペーが咲き誇る公園には、毎年15万人が訪れ、早春を告げるサンパウロ市の風物詩となっている。桜は8割が雪割桜、他にヒマラヤ桜、オキナワ桜がある。いずれも量感ある花を付け、見る者を魅了する。
 1970年代から桜の植樹が始められ、今では南米隋一の本数を誇る。樹齢20年程度が一番盛りだが、最初期に植えた800本が現在も見事な花を咲かせている。
 矢野会長は「広大な敷地内では日系、非日系を問わず地面に座り、箸を使って弁当を囲む姿が見られる。日本古来の文化『花見』がこの祭りによってブラジルに定着した」と話した。
 特設舞台では期間を通し和太鼓や盆踊り、日系歌手やダンサーのショーが披露され、ビラ・カロン婦人部による飲食コーナーでは、お寿司、天ぷら、餃子、焼きそば、桜餅等が販売される。
 当日は地下鉄イタケーラ駅1番出口から会場まで有料バス(4050―10、プラットホームE)が運行する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 強盗が盗んだバイク返却=役には立たぬと難癖をつけ2014年8月7日 強盗が盗んだバイク返却=役には立たぬと難癖をつけ  セアラ州内陸部のルッサスで5日、強盗に盗まれたバイクが放置されているのが見つかり、持ち主に返却されたが、そのバイクには「何の役にも立たないから何とかしろ」と難癖をつける手紙が付いていた。 ノートを破いた紙に拙い字で書いた手紙は誤字脱字まであり、「何とかしろよ。強盗事件にす […]
  • 今週末の催し2005年4月21日 今週末の催し 4月21日(木) ◇土曜日  コチア青年連絡協議会親睦会、二十三日午前十時、宮城県人会会館(ファグンデス街152)。     □ […]
  • イベント情報2018年10月18日 イベント情報 EXPOSIÇÃO   ARTE ATUAL – PROJETO CAVALO: QUADRIVIUM 8 PATAS Adriano Motta, Cadu, Eduardo Berliner, Paulo Vivacqua Onde: […]
  • 路上での強盗頻発のリオ=撃合いの流れ弾で死亡者も2010年10月8日 路上での強盗頻発のリオ=撃合いの流れ弾で死亡者も ニッケイ新聞 2010年10月8日付け  リオ市で頻発している車の渋滞時を狙った強盗事件が、盗難車捜査の警官隊と犯罪者達の撃合いで12歳男児が死亡という事件にまで発展したりしており、リオ警察は体制強化と7日付サイトなどが報じている。 […]
  • 山口ロータリークラブ=今年もブラジルの2施設に寄付2018年7月12日 山口ロータリークラブ=今年もブラジルの2施設に寄付  山口ロータリークラブ(RC)がブラジル山口県人会(伊藤紀美子会長)を通じ、救済会「憩の園」と託児所「ジラソル」に日本米や生活用品など寄付品の贈呈式を先月28日、同県人会館で行った。  寄贈品は山口県人会が2団体の要望を聞き、ロータリークラブによる10万円の寄付で購入 […]