ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル国内で医療用大麻の栽培解禁なるか=既に国内外20社が興味

ブラジル国内で医療用大麻の栽培解禁なるか=既に国内外20社が興味

 医療用大麻の栽培解禁に関する公聴会も終了まであと1カ月を切ったタイミングで、既にブラジル内外の20社が、国家衛生監督庁(Anvisa)に対して、大麻栽培に関心があることを示していると、30日付ブラジル紙が報じた。
 ブラジル紙によると、カナダ、米国、イスラエルの企業が特に熱心だ。オーストラリアやウルグアイ、欧州も興味を示しているが、後者3カ国(地域)はブラジル企業への出資の形での参入を望んでいる。
 Anvisaは、現時点では、大麻栽培事業に参画する可能性のある企業名やどこの国の企業であるかなどの詳細は、一切明かすことは出来ないとしている。
 Anvisaは、事業に関心のある会社には、来年予定されている国内での大麻栽培解禁に向けて、今後どんな手続きが必要か、それを伝達するのみだとしている。 
 Anvisaは大麻栽培解禁を公聴会にかけているが、連邦政府の中には解禁に抵抗を感じる勢力も存在する。その中の筆頭、オズマール・テーラ市民相は、公聴会終了をもって、ブラジル国内での医療用大麻の栽培解禁に関する議論は終了とすることを狙っている。
 医療用大麻の栽培が解禁となれば、恩恵を受ける患者は解禁後3年以内に390万人に達し、47億レアルが投資されると試算されているが、同相は、「大麻栽培解禁がこのまま進むなら、連邦政府はAnvisaを閉鎖させることも出来る」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • シュラスカリア「D’BRESCIA」=こんなにお洒落でアクセス良くて約80レ!2020年11月20日 シュラスカリア「D’BRESCIA」=こんなにお洒落でアクセス良くて約80レ!  交通アクセスが良くて手頃な値段なのに、旨くてお洒落。評判の人気店「D'BRESCIA」のシュラスコが、豊富なビュッフェ料理と共に今なら79.9レアルで楽しめる。  「D'BRESCIA」は、1990年に聖市郊外サントアンドレ市で開業。店名はシュラスコ発祥の地・南大河 […]
  • 東西南北2020年11月19日 東西南北  ブラジルでスポーツといえば、ほとんどサッカーで埋まるのが常。だが18日付現地紙は、ブラジルが生んだ伝説のボクサー、エデル・ジョフレが1960年11月18日に世界バンタム級チャンピオンに輝いたことと、それから60年が経過したことを大きな記事で伝えた。ジョフレといえば日本でもおな […]
  • 東西南北2020年11月18日 東西南北  15日の統一地方選でボルソナロ大統領が惨敗したことは昨日付本面でも触れたが、大統領前夫人のロジェリア氏も、リオ市議選でわずか2034票しか集められず落選。また「アサイ販売人のボルソナロ氏の幽霊職員」として話題を呼んだヴァル・ド・アサイ氏もアングラ・ド・レイス市の市議選に出馬し […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 《ブラジル》コロナ禍でワインが売れる=1~8月販売量が37%増加2020年11月4日 《ブラジル》コロナ禍でワインが売れる=1~8月販売量が37%増加  新型コロナウイルスのパンデミックの中、ブラジル国内では1~8月のワインの販売量が大幅に増えた。「国産高級ワイン」の販売量も増大しており、国内のワイン生産者達は新しい消費者をつなぎ止めようと、国産ワインの売り込みに力を入れている。  ブラジルでの「ワイン」の販売が伸び […]