ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル国内で医療用大麻の栽培解禁なるか=既に国内外20社が興味

ブラジル国内で医療用大麻の栽培解禁なるか=既に国内外20社が興味

 医療用大麻の栽培解禁に関する公聴会も終了まであと1カ月を切ったタイミングで、既にブラジル内外の20社が、国家衛生監督庁(Anvisa)に対して、大麻栽培に関心があることを示していると、30日付ブラジル紙が報じた。
 ブラジル紙によると、カナダ、米国、イスラエルの企業が特に熱心だ。オーストラリアやウルグアイ、欧州も興味を示しているが、後者3カ国(地域)はブラジル企業への出資の形での参入を望んでいる。
 Anvisaは、現時点では、大麻栽培事業に参画する可能性のある企業名やどこの国の企業であるかなどの詳細は、一切明かすことは出来ないとしている。
 Anvisaは、事業に関心のある会社には、来年予定されている国内での大麻栽培解禁に向けて、今後どんな手続きが必要か、それを伝達するのみだとしている。 
 Anvisaは大麻栽培解禁を公聴会にかけているが、連邦政府の中には解禁に抵抗を感じる勢力も存在する。その中の筆頭、オズマール・テーラ市民相は、公聴会終了をもって、ブラジル国内での医療用大麻の栽培解禁に関する議論は終了とすることを狙っている。
 医療用大麻の栽培が解禁となれば、恩恵を受ける患者は解禁後3年以内に390万人に達し、47億レアルが投資されると試算されているが、同相は、「大麻栽培解禁がこのまま進むなら、連邦政府はAnvisaを閉鎖させることも出来る」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?2020年9月18日 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?  今月から市中に出回り始めた200レアル札。注目の裏面図柄には「タテガミオオカミ」(lobo-guará)が採用されている。「絶滅危惧種」ではないが、南米のみに生息する貴重な野生動物。ブラジル中部および東部を中心に、アルゼンチン北部、パラグアイ、ボリビア東部にも。ただし […]
  • 特別寄稿=デイゴの花=サンパウロ州アチバイア在住 中沢宏一2020年8月21日 特別寄稿=デイゴの花=サンパウロ州アチバイア在住 中沢宏一  沖縄県の唄『島唄』は、「デイゴの花が咲き 、風を呼び、嵐がきた」で始まります。宮沢 和史 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第23話2020年8月1日 中島宏著『クリスト・レイ』第23話 「だからね、言ってみればここに移民としてやって来た人たちは、みんな同じ宗教を持っているし、みんな親戚というか、家族みたいなものなの。たまたま、その家族全部が、キリスト教のカトリック信者だったということね。そういうことで、ここに住んでいる人たちは、日本にいるときからのキリスト教信 […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]
  • 《ブラジル》バッタ大群が国境再接近=農薬散布用に400機待機2020年7月23日 《ブラジル》バッタ大群が国境再接近=農薬散布用に400機待機  バッタが再び、アルゼンチン側から国境に再接近していると21日付のエポカ誌が報じている。以前接近が報告された6月24日のウルグアイ領130キロ地点よりも近い、120キロ地点で観測された。  バッタはパラグアイで発生し5月中旬にはアルゼンチンへ到着、農作物への多大な被害 […]