ホーム | 日系社会ニュース | 調印文書を史料館に寄贈=聖州・三重県姉妹提携46周年

調印文書を史料館に寄贈=聖州・三重県姉妹提携46周年

式典の様子

 聖州と三重県の姉妹提携46周年を記念し、7月3日に聖市のブラジル日本文化福祉協会ビルで式典が執り行われた。
 式典には姉妹提携調印当時の州知事のラウド・ナテル氏、当時の聖市長の故ミゲウ・コラソノ氏の息子、エドゥアルド氏、また三重県人文化援護協会の下川孝会長、下本八郎元聖州議、石川レナト文協会長らが出席。
 この式典を機に、姉妹提携調印の際に作成された証書が、文協の日本移民史料館に寄贈された。
 聖州と三重県の姉妹提携調印がされたのは1973年11月7日。当時、三重県知事は故田川亮三氏、三重県人会の会長は故川村久賀須氏が務めていた。姉妹提携実現には下本氏が尽力。提携を記念して、聖市リベルダーデ区の陸橋が「三重県橋」と命名された。

image_print

こちらの記事もどうぞ