ホーム | 日系社会ニュース | 調印文書を史料館に寄贈=サンパウロ州・三重県姉妹提携46周年

調印文書を史料館に寄贈=サンパウロ州・三重県姉妹提携46周年

式典の様子

 サンパウロ州と三重県の姉妹提携46周年を記念し、7月3日にサンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会ビルで式典が執り行われた。
 式典には姉妹提携調印当時の州知事のラウド・ナテル氏、当時のサンパウロ市長の故ミゲウ・コラソノ氏の息子、エドゥアルド氏、また三重県人文化援護協会の下川孝会長、下本八郎元サンパウロ州議、石川レナト文協会長らが出席。
 この式典を機に、姉妹提携調印の際に作成された証書が、文協の日本移民史料館に寄贈された。
 サンパウロ州と三重県の姉妹提携調印がされたのは1973年11月7日。当時、三重県知事は故田川亮三氏、三重県人会の会長は故川村久賀須氏が務めていた。姉妹提携実現には下本氏が尽力。提携を記念して、サンパウロ市リベルダーデ区の陸橋が「三重県橋」と命名された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オーリャ!2014年9月19日 オーリャ!  ブラジル本門佛立宗による「平和パレード」が今月13日、東洋人街で行なわれた。2010年「佛立フェスティバル」の一環で行なわれた行進に続き2回目の開催だ。サンパウロ州タピライ市での地鎮祭などが重なったが、それでも各地から大勢の信徒が駆けつけ、日本からも大規模な慶祝団が組まれ […]
  • パーティー帰りの車大破し青年女子5人死亡2008年2月13日 パーティー帰りの車大破し青年女子5人死亡 ニッケイ新聞 2008年2月13日付け  エンジンルームは壊れ、天井も半分以上剥ぎ取られた車のトランクにビールの空き瓶。こんな車に生存者がいたことが奇跡と思えるような事故が十日夜八時頃、サンパウロ州スザノ市にほど近いモジ市の外れで起きた。 […]
  • 大耳小耳2017年12月6日 大耳小耳  山形県人会の青年会は来年1月から月に1回程度、ポ語学習者を対象にした勉強会の開催を計画している。駐在員家族などサンパウロ市に来たばかりでポ語に不慣れな人々を集めて、青年会会員、日語学習者がポ語の日常会話を教えるもの。教科書に載らない俗語表現を学び、すばやいやり取りの会話に慣れ […]
  • 《ブラジル》コロナショックが平均月収3千レアル(約6万円)の世帯直撃=GDP予測はマイナス3%に2020年4月21日 《ブラジル》コロナショックが平均月収3千レアル(約6万円)の世帯直撃=GDP予測はマイナス3%に  ブラジルのコンサルタント会社、IPCマーケティング社(以下、IPC)の調べによると、世帯収入の平均が月額3085・48レアルのC1層が、コロナショックの経済的影響を最も強く受ける事が分かった。20日付現地サイトが報じた。  C1層には約1310万世帯が属しているが、今年はこ […]
  • なつメロ愛好者の集い五周年2004年7月20日 なつメロ愛好者の集い五周年 7月20日(火)   なつメロ愛好者の集いが、五周年を迎える。思い出を綴った文章を募集している。四十五回目の集いは、二十四日午前十一時から、老ク連センターで行われる。一品持ち寄りで会食。参加自由で無料、会場代四レアル。 […]