ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》水産局長の家族に罰金刑=アングラでの違法な漁で

《ブラジル》水産局長の家族に罰金刑=アングラでの違法な漁で

大統領と共に写真に納まる水産局長(左、5日付G1サイトの記事の一部)

 農務省水産局のジョージ・セイフ・ジュニオル局長の家族が、リオ州のアングラ・ドス・レイスで違法な釣りを行っていた疑いで、国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)から、7万レアルの罰金を科せられた。
 罰金が科せられたのは7月25日で、産卵期で禁漁中のいわし250キロを積んで航行しているのが見つかった。
 違反行為で摘発された船は局長の継母のサラ・キシェネル・セイフ氏名義で、乗組員は局長の父ジョージ・セイフ氏の会社の部下達だという。
 罰金は二つで、禁漁中のいわしが大量に見つかったために科された罰金が4万レアル。このいわしは、ブラジル南部でマグロを獲る際の餌として使うつもりだったと見られている。
 また、全国漁船追跡計画(Preps)による継続的な追跡を妨げたとして、技術的な問題(機械の故障)故に科された罰金が3万レアル。所有者のサラ氏には、追跡システム用の機材修理を促す文書も送付された。
 船長には別に、2万6700レアルの罰金が科せられた。船長は、いわしは購入したもので、漁獲は行っていないと釈明したが、正規の領収書がなく、違反行為ではない事を証明出来なかった。
 水産局長は、会社は確かに家族のものだが、局長に指名されてからは会社の業務からは遠ざかっており、今回の違反行為とは無関係だし、船の航行責任者は船長だと釈明した。
 また、何故、罰金を科せられたとの情報が拡散したのかと首を傾げた上で、「政府関係者としての自分のイメージを貶め、自分と近しい関係にあるボウソナロ大統領にも損失を与えようと考えての方策に違いない」との考えを明らかにした。
 同局長は、家族がこのような行為に関わった事を嘆き、謝罪もしたが、最終的な責任は父親にあると弁明した。(5日付G1サイト、6日付エスタード紙などより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル北部》ベネズエラ難民の子供のためのサッカー教室=生活の厳しい親に一筋の救い2019年8月17日 《ブラジル北部》ベネズエラ難民の子供のためのサッカー教室=生活の厳しい親に一筋の救い  一向に解決の兆しを見えないベネズエラの深刻な政治危機、経済危機による難民流入が発生しているブラジル最北のロライマ州で、ユニセフと非政府団体のヴィザン・ムンディアルが共同運営するスポーツ学校が、サッカー、バレーボール、チェスなどのクラスを開催し、5歳から17歳までのベネ […]
  • リオ州=軍政時代の罪で元兵士被告に=「死の家」での女性強姦や拷問で2019年8月17日 リオ州=軍政時代の罪で元兵士被告に=「死の家」での女性強姦や拷問で  リオ州などを管轄下に置く連邦第2地域裁が14日、アントニオ・ワニエル・ピニェイロ・リマ退役軍曹が軍政下で犯した女性強姦や拷問などの罪での起訴状を受理したと14、15日付現地紙・サイトが報じた。  軍政下での刑事犯罪は1979年制定の恩赦法で不問に伏されてきたため、軍 […]
  • 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表2019年8月17日 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表  ブラジルサッカー連盟は16日、9月に行われる親善試合のため、フル代表と五輪代表(22歳以下)の代表選手、合わせて46人を発表した。  まず、フル代表は以下の通り。  〈キーパー〉エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン(パルメイラス)、イヴァン(ポンテ […]
  • 《ブラジルサッカー》ブラジル杯準決勝第1試合が終了=ライバル対決が、決勝で実現か?2019年8月16日 《ブラジルサッカー》ブラジル杯準決勝第1試合が終了=ライバル対決が、決勝で実現か?  8月7日と14日に、サッカーブラジル杯の準決勝第1試合が行われた。  7日に行われたのはクルゼイロ対インテルナシオナルの一戦で、地元のクルゼイロが0対1で敗れた。クルゼイロはブラジル杯を連覇中で、名将マノ・メネゼスが3年以上指揮をとるなど、戦術の浸透度も他のチームに […]
  • サンパウロ市=15億レかけピニェイロス川浄化=ドリア知事の公約の目玉2019年8月17日 サンパウロ市=15億レかけピニェイロス川浄化=ドリア知事の公約の目玉  サンパウロ州がサンパウロ市を流れるピニェイロス川に関し、15億レアルを投じて本格的な浄化工事を行う意向だと、16日付現地紙が報じている。  ピニェイロス川はサンパウロ市の西部から南に流れる川で、マルジナル・ピニェイロスや都電(CPTM)9号線がそれに沿って走っている […]