ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》水産局長の家族に罰金刑=アングラでの違法な漁で

《ブラジル》水産局長の家族に罰金刑=アングラでの違法な漁で

大統領と共に写真に納まる水産局長(左、5日付G1サイトの記事の一部)

 農務省水産局のジョージ・セイフ・ジュニオル局長の家族が、リオ州のアングラ・ドス・レイスで違法な釣りを行っていた疑いで、国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)から、7万レアルの罰金を科せられた。
 罰金が科せられたのは7月25日で、産卵期で禁漁中のいわし250キロを積んで航行しているのが見つかった。
 違反行為で摘発された船は局長の継母のサラ・キシェネル・セイフ氏名義で、乗組員は局長の父ジョージ・セイフ氏の会社の部下達だという。
 罰金は二つで、禁漁中のいわしが大量に見つかったために科された罰金が4万レアル。このいわしは、ブラジル南部でマグロを獲る際の餌として使うつもりだったと見られている。
 また、全国漁船追跡計画(Preps)による継続的な追跡を妨げたとして、技術的な問題(機械の故障)故に科された罰金が3万レアル。所有者のサラ氏には、追跡システム用の機材修理を促す文書も送付された。
 船長には別に、2万6700レアルの罰金が科せられた。船長は、いわしは購入したもので、漁獲は行っていないと釈明したが、正規の領収書がなく、違反行為ではない事を証明出来なかった。
 水産局長は、会社は確かに家族のものだが、局長に指名されてからは会社の業務からは遠ざかっており、今回の違反行為とは無関係だし、船の航行責任者は船長だと釈明した。
 また、何故、罰金を科せられたとの情報が拡散したのかと首を傾げた上で、「政府関係者としての自分のイメージを貶め、自分と近しい関係にあるボルソナロ大統領にも損失を与えようと考えての方策に違いない」との考えを明らかにした。
 同局長は、家族がこのような行為に関わった事を嘆き、謝罪もしたが、最終的な責任は父親にあると弁明した。(5日付G1サイト、6日付エスタード紙などより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大2020年10月15日 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大  ボルソナロ大統領は13日、交通法改正案を一部拒否権を行使しつつ裁可した。14日付連邦官報に掲載された同改正法では、運転免許証(CNH)の有効期限延長や、ポイント数を40に拡大することなどが盛り込まれている。公布から180日後に発効。13日付G1サイトなどが報じた。 […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり2020年10月14日 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり  世界保健機関(WHO)は13日、ブラジルでのコロナ感染が減速傾向にあるとの見解を表明した。ただし、ブラジルの感染者や死者は今も高どまりの状態にあり、12日の感染者は510万3408人、死者も15万689人に達している。  WHOの見解は13日付のTVニュースなど […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]