ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》PSLがフロッタ下議を除名=大統領への失望発言連発で

《ブラジル》PSLがフロッタ下議を除名=大統領への失望発言連発で

 俳優から政治家に転身し、昨年の大統領選前からボウソナロ氏の熱心な支持者として有名だったアレシャンドレ・フロッタ下議が、相次ぐ大統領批判を理由に社会自由党(PSL)から追放された。13日付現地サイトが報じている。
 この処分は13日に、党役員9人の満場一致で決まった。除名された理由は、フロッタ氏がネットやメディアを通じ、公にボウソナロ大統領や政権に対する批判を繰り返していたためだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ