ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ゲデス経済相、メルコスール離脱の覚悟も=アルゼンチンのキルチネル派を牽制

《ブラジル》ゲデス経済相、メルコスール離脱の覚悟も=アルゼンチンのキルチネル派を牽制

ゲデス経済相(Rovena Rosa/Ag. Brasil)

 15日にサンパウロ市で開かれた、サンタンデール銀行主催のイベントに出席したパウロ・ゲデス経済相は、アルゼンチンの政治状況に触れ、「もしキルチネル派が選挙に勝ち、南米共同市場(メルコスール)とEUの自由貿易協定を邪魔するなら、ブラジルはメルコスールから抜ける」と発言したと、16日付ブラジル各紙が報じた。
 11日のアルゼンチン大統領選挙の予備選では、キルチネル前大統領を副大統領候補とするアルベルト・フェルナンデス候補が、現職のマクリ大統領に大差をつけた。フェルナンデス候補勝勢を受け、アルゼンチンでは大規模な通貨安、株安が発生。10月末の本選挙で逆転を狙うマクリ大統領はバラマキ政策を次々と実行しているが、同国内の混乱は深まるばかりだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ