ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領=今度は国税庁に強い圧力=ナンバー2が解任に=カギ握る渦中の役員は残留=身内やミリシアに強い疑惑

《ブラジル》ボウソナロ大統領=今度は国税庁に強い圧力=ナンバー2が解任に=カギ握る渦中の役員は残留=身内やミリシアに強い疑惑

マルコス・シントラ国税庁長官(Fernando Frazão/Agência Brasil)

 ボウソナロ大統領からの圧力により、連邦国税庁のナンバー2にあたるジョアン・パウロ・ラモス・ファシャーダ副長官が解任された。だが、マルコス・シントラ同庁長官は、ボウソナロ一家に不利になりかねない案件を抱える担当役員らはそのまま残留させた。20日付現地紙が報じている。

 ボウソナロ大統領が、長男フラヴィオ上議がリオ州議時代に雇った職員のファブリシオ・ケイロス氏に対する、他の幽霊職員(ラランジャ)による疑惑の振込みに対する捜査の封じ込めを目的として、連邦警察や金融活動管理審議会(Coaf)の人事に圧力をかけていたことは昨日付本紙で報じた。だが、大統領は「汚職対策」上の3本柱とされる、もう一つの重要な省庁、国税庁にも圧力をかけていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ