ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 7月に「ヴァザジャット報道」の元となったと思しき情報をハッキングしたとして逮捕されたうちのひとり、バルテル・デルガッチ・ネット氏がフォーリャ紙の取材に答えた。それによると、同氏は「自分が学んだ知識で公的な情報を得ようとしたけど、逮捕されるとは思っていなかった」と発言した。さらに、現在渦中にあるセルジオ・モロ外相やデウタン・ダラグノル・ラヴァ・ジャット作戦主任に関しては、「あんな指揮で大丈夫なの?」「国の支配者のつもり?」など、辛口な発言まで行った。同氏は「ネット上で左翼支持者のふりをした右翼党員」など不可解な点が多いが、ハッキングの真意は謎のままだ。
     ◎
 29日、欧州サッカー連盟(UEFA)が今年度の最優秀選手を発表したが、最優秀ゴールキーパーにアリソン(リバプール)が選ばれた。この賞をブラジル人が受賞するのは、ジュリオ・セーザル以来9年ぶり。なお、UEFA最優秀選手賞には、アリソンのリバプールでの同僚のセンターバック、ファン・ダイク(オランダ)が、メッシやロナウドを抑えて選ばれた。欧州チャンピオンズ・リーグを制したリバプールの守備が評価されたようだ。
     ◎
 昨日付で報じたリカルド・サレス環境相の入院騒ぎだが、同環境相は28日の午後4時過ぎに退院した。「心筋梗塞か」との噂まで広まっていたが、検査の結果、その症状はなかったとのこと。だが、痛々しい車椅子姿で退院したサレス氏は、「5日ほどの休養が必要」とされた。ゆっくり休んで、森林火災対策に取り組んでほしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]
  • 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか?2021年6月1日 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか? 法王のピアーダにムカッ!とするインテリ  《バットマンが新シリーズで犯罪撲滅にサンパウロへ来ることが確認された》という5月27日付LegadodaDCサイトの記事(https://legadodadc.com.br/batman-vem-combater-o-cr […]
  • 《記者コラム》この人が「ボルソナロの次」の救世主?2021年4月16日 《記者コラム》この人が「ボルソナロの次」の救世主?  今年の3月、コラム子の目と耳を疑うニュースが飛び込んできた。そして、もう失笑するしかなかった。それは、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」が、22年の大統領候補としてダニーロ・ジェンチーリ(Danilo […]
  • 《ブラジル》ラヴァ・ジャット=ヴェージャ誌記者に捜査関与疑惑=情報提供や逮捕者を指図?2021年2月16日 《ブラジル》ラヴァ・ジャット=ヴェージャ誌記者に捜査関与疑惑=情報提供や逮捕者を指図?  ハッキングされた携帯電話の通話内容の公開を最高裁が1日に許可して以降、ヴェージャ誌のジャーナリストがラヴァ・ジャット作戦(LJ)の特捜班に強く関与していたことなど、新たな事実が明らかになっていると12、13日付現地サイトが報じている。  最高裁のリカルド・レヴァンドウスキー […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]