ホーム | 日系社会ニュース | WILL=持続不能なビジネスモデルとは=日本の番組が見られるカラクリ

WILL=持続不能なビジネスモデルとは=日本の番組が見られるカラクリ

 日本消費経済新聞によれば、WILL社が行っていた「持続可能性のないビジネスモデル」(消費者庁)は、次の通り。①日本の投資家に約60万円でカラオケやゲームなどの複数のアプリが読み込まれたカード型USBメモリを購入してもらう、②購入してもらった機器を借り上げ、子会社が海外(主にハワイやブラジル)でレンタル事業を行う、③レンタル料は日本の投資家に還元され、投資家は3年で72万円の収入を得るというもの。
 しかし、投資家の多さの割に海外での借り手は少なく、レンタル料収入はまったくの不足状態。同経済新聞は《少なくとも2018年12月時点で477億円ものレンタル料の支払債務が生じていることも明らかになった》と報じている。
 つまり、レンタル料を投資家に戻すのではなく、新しく投資家から募った金を、以前の投資家への配当に回す自転車操業状態。レンタル事業での収益は全体の1%のみだったと報じられている。新しい投資家がいなくなれば事業破綻し、投資金は帰ってこないから、消費者庁は「持続可能性のないビジネスモデル」として業務停止命令を出した。
 同経済新聞サイトには《「ブラジル支社に送ったライセンスパック(レンタル用機材)は税関で入れることが認められず、放棄、破棄処分された。どの投資家が購入した分のライセンスパックが破棄されたか、WILLは説明責任がある」など、複数の社員、元社員が同様の証言をしている》との報道もある。
 認知能力の衰えた日本の高齢者の老後資金を狙って、高額の投資勧誘が横行しているとの報道もあり、「WILLフォン」もこうしたレンタル商材の一つと見られている。ブラジルで日本のテレビが観られるシステムの裏には、こうしたカラクリがあったようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 在伯日本国大使館=2回乗り継ぎフライト避けて=欧州シェンゲン協定地域内で2020年5月28日 在伯日本国大使館=2回乗り継ぎフライト避けて=欧州シェンゲン協定地域内で  在ブラジル日本国大使館は広報を通して、ブラジルから日本に帰国する際に欧州のシェンゲン協定域内で2回の乗り継ぎが必要となるフライトの使用を避けるようよびかけている。  サンパウロでトランジットをし、エールフランス航空でパリ及びアムステルダムを経由して日本(大阪)へ帰国するため […]
  • コロナ災禍=相次ぐデカセギ伯人解雇=日本メディアが続々と報道2020年4月30日 コロナ災禍=相次ぐデカセギ伯人解雇=日本メディアが続々と報道  リーマンショックの悪夢再来か――。新型コロナ災禍の影響により、日本でも休業や倒産する会社が増える中、恐れていた外国人労働者派遣切りが増えてきたと日本の新聞が報じている。  車の需要が落ち込み、日本の自動車メーカー8社すべてが大型連休(4月26日から5月10日まで)をまたいで […]
  • サンパウロ=州全体で25日休日に=26日付休刊のお知らせ2020年5月23日 サンパウロ=州全体で25日休日に=26日付休刊のお知らせ  サンパウロ州政府によるコロナウイルス感染拡大対策の一環として、7月9日(木)の護憲革命記念日の祝日を、5月25日(月)に前倒しにすることが決まった。  今週は、サンパウロ市だけ20日(水)を6月11日の聖体祭の前倒しとして臨時祝日にし、翌21日(木)を11月20日の黒人尊厳 […]
  • 帰国予定者は早めの出国を=在サンパウロ総領事館が呼びかけ2020年4月9日 帰国予定者は早めの出国を=在サンパウロ総領事館が呼びかけ  新型コロナウイルスの影響により、ブラジル政府が全世界からの入国禁止処置を講じ、日本国政府もブラジルへの渡航中止勧告を出した。  その関係で、ブラジル日本間を行き来する航空便の減便・休便が目立ってきている。  その事態を受け、在サンパウロ日本国総領事館(野口泰)は、帰国する […]
  • 出雲市=村田製作所でコロナ感染者発生=在日ブラジル人が多数勤務2020年4月16日 出雲市=村田製作所でコロナ感染者発生=在日ブラジル人が多数勤務  島根県出雲市にある村田製作所からコロナウイルス感染者がでたことにより、3日間工場の停止、7千人が自宅待機することが日本経済新聞4月14日付け電子版で報道された。同製作所には昨年8月時点で、少なくとも1千人規模の在日ブラジル人労働者が働いていたと報じられている。  日経紙によ […]