ホーム | 日系社会ニュース | WILL=持続不能なビジネスモデルとは=日本の番組が見られるカラクリ

WILL=持続不能なビジネスモデルとは=日本の番組が見られるカラクリ

 日本消費経済新聞によれば、WILL社が行っていた「持続可能性のないビジネスモデル」(消費者庁)は、次の通り。①日本の投資家に約60万円でカラオケやゲームなどの複数のアプリが読み込まれたカード型USBメモリを購入してもらう、②購入してもらった機器を借り上げ、子会社が海外(主にハワイやブラジル)でレンタル事業を行う、③レンタル料は日本の投資家に還元され、投資家は3年で72万円の収入を得るというもの。
 しかし、投資家の多さの割に海外での借り手は少なく、レンタル料収入はまったくの不足状態。同経済新聞は《少なくとも2018年12月時点で477億円ものレンタル料の支払債務が生じていることも明らかになった》と報じている。
 つまり、レンタル料を投資家に戻すのではなく、新しく投資家から募った金を、以前の投資家への配当に回す自転車操業状態。レンタル事業での収益は全体の1%のみだったと報じられている。新しい投資家がいなくなれば事業破綻し、投資金は帰ってこないから、消費者庁は「持続可能性のないビジネスモデル」として業務停止命令を出した。
 同経済新聞サイトには《「ブラジル支社に送ったライセンスパック(レンタル用機材)は税関で入れることが認められず、放棄、破棄処分された。どの投資家が購入した分のライセンスパックが破棄されたか、WILLは説明責任がある」など、複数の社員、元社員が同様の証言をしている》との報道もある。
 認知能力の衰えた日本の高齢者の老後資金を狙って、高額の投資勧誘が横行しているとの報道もあり、「WILLフォン」もこうしたレンタル商材の一つと見られている。ブラジルで日本のテレビが観られるシステムの裏には、こうしたカラクリがあったようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 在亜日系団体連合会2019年度役員2019年9月13日 在亜日系団体連合会2019年度役員  「らぷらた報知」9月12日号によれば「在亜日系団体連合会」(FANA)の新しい役員は次の通り。  第26回在亜日系団体連合会定期総会が8月31日開催され、新役員が次のように選出された。 ★第2019年度役員名簿(氏名、団体の順番) 【会長】米須清文(沖縄県人連合会) […]
  • ■訃報■生田博さん2019年8月28日 ■訃報■生田博さん  聖州モジ・ダス・クルーゼス市ポルテーラ・プレッタ植民地在住の元サンパウロ大学(USP)農業学部教授の生田博さん(二世)が、今月23日に聖市のサンタクルス病院で亡くなった。享年91。死因は老衰。近年は病気療養中だった。  生田さんは農学博士として、USPとピラシカーバ大学の農 […]
  • 援協定例会=創立式典の無事挙行を報告=7月は962万レの黒字2019年8月30日 援協定例会=創立式典の無事挙行を報告=7月は962万レの黒字  サンパウロ日伯援護協会(与儀上原昭雄会長)は「8月定例役員会」を22日、聖市の援協本部ビルで行い、約35人が出席した。  創立60周年記念式典と翌日の夕食会は、問題なく挙行され創立60周年を盛大に祝すことができたと、与儀会長が報告した。  園田昭憲副会長は60周年記念誌に […]
  • 西川聖州議=秘書給与横流し疑惑で捜査=「まったく根拠ない疑惑」2019年8月7日 西川聖州議=秘書給与横流し疑惑で捜査=「まったく根拠ない疑惑」  エスタード紙6日付けによれば、聖州検察局は西川パウロ聖州議(PSL、1期目)に対し、議員秘書の給与横流しに関する疑いがあると捜査を始めたと報じた。  州議の「公設秘書」は、州議会の職員であり、州が税金からその給与を支払っている。その給与の一部を、州議に還流させたのではという […]
  • 漁業従事者の生活向上支援=米州開発銀行が実現可能性調査2019年8月13日 漁業従事者の生活向上支援=米州開発銀行が実現可能性調査  米州開発銀行(IDB、本部=米国ワシントンDC)グループの「IDB LAB」に所属する奥村真人氏ら一行が、新しいプロジェクトの調査のために先月14~20日まで来伯した。オイスカ・ブラジル総局(高木ラウル会長)も支援する同プロジェクトについて、奥村氏に話を聞いた。  「IDB […]