ホーム | 日系社会ニュース | 第21回ラーモスさくら祭り写真グラフ

第21回ラーモスさくら祭り写真グラフ

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系飲食店が続々営業再開=でいご、ラーメンあすかも=「対策万全、ぜひ来店を」2020年7月10日 日系飲食店が続々営業再開=でいご、ラーメンあすかも=「対策万全、ぜひ来店を」  「最初はコロナの問題も1カ月・2カ月程で終息するだろうと思い、ある程度の覚悟はしていましたが、ここまで長引くとは思いませんでした。7日より店を開けましたが来客は一人のみです」―リベルダーデのレストランでいごのオーナー親川幸雄さん(70歳、沖縄県)は、そう落胆して語った。サンパ […]
  • 岐阜県人会絵画展オンラインで=月末まで日本からも作品募集2020年7月10日 岐阜県人会絵画展オンラインで=月末まで日本からも作品募集  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)は在サンパウロ日本国総領事館と共催で開催する「第16回日伯友情交流絵画展」(橋本マルコス亮委員長)への出品作品をブラジル国内のみならず日本からも募集している。  今回初めての試みとして出展作品をオンラインで11月3日(火)19時から1年間展 […]
  • 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(6)=各地で起きたマラリア惨禍2020年7月10日 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(6)=各地で起きたマラリア惨禍  元アマゾン移民の小野正さんの自分史『アマゾンの少年の追憶』は、一つ一つの場面が淡々と描かれているが、その内容は実に過酷な現実の連続だった。  前節で紹介した通り、1933年7月16日の深夜に「突然うーんと言う重苦しい呻き声」をたてた弟の哲夫が亡くなったのに続き、翌3 […]
  • 「エジムンド藤田」に改称=サンパウロ市サコマン区の保健所2020年7月9日 「エジムンド藤田」に改称=サンパウロ市サコマン区の保健所  サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長は6月29日、サコマン区にある保健所(UBS)の名称を「エジムンド・進・藤田大使」とする法案に署名した。法案を提出した野村アウレリオサンパウロ市議は、「藤田氏は外交官として、さらにブラジル国内の世界保健機関(WHO)でも健康環境改 […]
  • 日本製品をブラジル市場に=ネパール商人サプトカさん=コロナで足止め、商魂光る2020年7月9日 日本製品をブラジル市場に=ネパール商人サプトカさん=コロナで足止め、商魂光る  サンパウロで外出自粛が始まる6日前の3月18日、日本製の健康グッズを携え、ブラジルでの市場開拓に胸を膨らませ初めてグァルーリョス空港に降り立ったネパール人がいる。カトマンズを拠点に『より明るい未来の生活マーケティング社(Brighter future life […]