ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「メンデス殺して自殺する」=ジャノー元検察長官が衝撃告白

《ブラジル》「メンデス殺して自殺する」=ジャノー元検察長官が衝撃告白

ジャノー氏(右)とメンデス判事(Lula Marques)

 ロドリゴ・ジャノー元検察庁長官が、在任中に最高裁内に銃を携行し、ジウマール・メンデス判事を暗殺して自殺しようとしたことがあったという、衝撃告白を行った。27日付エスタード紙が報じている。
 同紙によると、最高裁が2017年5月に企業家のエイケ・バチスタ氏に対する人身保護令適用を審理しようとした際、検察庁長官だったジャノー氏が、メンデス長官(当時)は審理に加わらないよう進言して虚偽の反論をされたという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ