ホーム | 日系社会ニュース | 第33回日本語教師養成講座=参加者募集、11月17日まで

第33回日本語教師養成講座=参加者募集、11月17日まで

 ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)が『第33期日本語教師養成講座』の参加者募集を、1日から開始した。申し込み締切日は11月17日(必着)。来社した同センター教務主任の鶴田広子さんによれば、この講座は1985年開始で、通算603人の修了者がいる。日本語教育界に多くの人材を輩出してきた伝統あるコースだ。
 講座の定員は10人。初級レベルの多様な日本語学習者に教えるための、理論、技術、実習日本語教授法、日本語教育文法、文学、語彙・音声などを、1年間かけて学ぶ通信教育だ。1週間ずつ3回のスクーリング(座学)があり、理論・実践・実習をバランスよく学べる。
 研修コーディネーターのノゲイラ亜也さんは「前回まで半年で、スクーリングは2週間を2回でした。これだと働いている方は長期休暇を2度取らねばならずハードルが高いという声がありました。それを受け、1年間に延ばし、1週間を3回にしました。その分、いろんな方に受講してもらえるのでは」と変更点を説明した。
 応募資格は、18歳以上のブラジル国籍者か永住権所持者で、N3以上、または同等の日語力を有する人。応募方法は申込書に記入の上、自筆作文(テーマ「私の目指す日本語教師」原稿用紙800字以上)と共に提出する。基本的に書類選考だが、電話インタビューする場合もある。選考結果は11月21日までにメールで通知。
 参加費は、非会員が3500レアル(会員は2500レアル)。遠隔地の会員への片道交通費補助、センター指定宿泊施設利用者には宿泊代全額補助の特典がある。問合せは同センター(電話=11・5579・6513、メール=seminario2@cblj.org.br/担当:メイリ)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■「若い二、三世がここまで?!」2018年11月8日 ■ひとマチ点描■「若い二、三世がここまで?!」  ピニェイロス文化親睦会55周年のアトラクションでは、20代の二、三世が見事な日本舞踊を舞うジャパニーズ・ダンス・カンパニー「優美」(代表=花柳寿美富浩、すみとみひろ)が艶やかに8曲を披露し、喝采が送られていた。  親睦会会員の陶須磨子さん(87、長崎県)は「日本から来て60 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]