ホーム | 日系社会ニュース | JICA=初の囲碁指導者、嶋脇さん=「初心者も気軽に会館へ」

JICA=初の囲碁指導者、嶋脇さん=「初心者も気軽に会館へ」

村井さん、嶋脇さん、小池さん

 国際協力機構(JICA)ボランティアの嶋脇雄一郎さん(31、青森県)が、8月からブラジル日本棋院で囲碁の指導を行っている。伯国JICAボランティアでは初の囲碁指導者。2日、嶋脇さんと同棋院の村井修理事長、小池庸夫(つねお)理事が来社した。
 嶋脇さんは「趣味程度だった」としながらも六段の実力者。10年程日本で会社員として勤め、30歳を過ぎたことを契機に「趣味の囲碁で仕事にしたい」と考え、海外にも興味があったことから、JICAボランティア応募を決めた。
 伯国滞在は2年の予定で「指導のためポ語を勉強している。先日、将棋の大会で日本からプロ棋士が来伯していたが、囲碁もこれから盛り上げていきたい」と意気込みを語った。
 村井理事長らは2年前からJICAに囲碁指導者派遣を働きかけていた。そこに申し込んだのが嶋脇さん。応募は1人だけだったという。
 現在同棋院は、聖市の会館(R. Dr. Fabrício Vampré, 116 – Vila Mariana)で対局や指導、大会などの活動を行っている。会員は約60人で、嶋脇さんと同じ六段の棋士もおり、その中には非日系人もいる。
 会館は火~日曜日の午後1~7時に開放されており、ルールの分からない初心者から有段者まで気軽に対局でき、嶋脇さんや他の指導者から日ポ両語で指導を受けられる。毎月リーグ戦も開催されている。
 会費は一月120レアル。女性、85歳以上の高齢者、18~29歳の人は半額で、11~17歳は30レ。10歳以下の子どもは無料。会費を払わず、一度の利用ごとに10~20レの施設使用料を払うことも可能。
 問い合わせは同棋院(電話=11・5571・2847)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ