ホーム | Free | 日本語まつりを20日に=作品展示、ワークショップも

日本語まつりを20日に=作品展示、ワークショップも

昨年の様子(センター提供)

 ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)は「第16回日本語まつり」を20日午前9時半から、サンパウロ市の同センター(R. Manoel de Paiva, 45 – Vila Mariana)にて開催する。
 当日は「2019年全伯日本語学校生徒作品コンクール」の優秀賞が発表され、授賞式も行われる。同コンクールは5、6月に、全国の同センター会員校から絵画、作文、マンガなどの作品を募集したもので、会場では作品展示も見られる。

昨年の様子(センター提供)

 折り紙のワークショップや着物の着付け体験もでき、けん玉、知恵の輪など日本のおもちゃで遊べる場も用意。古本市も開かれ、日本食も楽しめる。
 サンパウロ市周辺やパラナ州マリンガの日本語学校生徒による踊りや合唱の発表、アマゾナス州都マナウスの学校の生徒によるJICAの日系社会次世代育成研修の報告も行われる。

 案内に来社したノゲイラ亜也さん、伊藤万理子さんは「家族や友人を誘って、子どもたちの展示、発表やアトラクションを楽しんでください」と来場を呼びかけた。

昨年の様子(センター提供)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ネイマール=負傷後初の記者会見=「2センチずれたら車椅子」2014年7月12日 ネイマール=負傷後初の記者会見=「2センチずれたら車椅子」  腰椎を骨折して自宅に戻っていたネイマールが10日、ブラジル代表(セレソン)と合流後、記者会見で現在の心境を語った。11日付伯字紙が報じている。 ネイマールはセレソンのユニフォームを着て、骨折を抱えながらもゆっくりとした足取りで会見場に現れた。会見では、まず、準々決勝の対コ […]
  • 今週末の催し2008年8月8日 今週末の催し ニッケイ新聞 2008年8月8日付け 土曜日  ヒロシマ・ナガサキ展、州立移民博物館(ビスコンデ・デ・パラナイーバ街1316)、午前十時から午後五時、九月七日まで(月曜休館)     □ […]
  • 大耳小耳2016年3月29日 大耳小耳  『楽書倶楽部』第32号(4月15日)が早々に発行された。矢崎正勝さんの「生活の力学」に興味深い話が。弓場農場の傾いた木造家屋を若者らが十数人集まって直していたら、長老の一人が「この程度なら俺が起こしてやる」と、〃生活の力学〃を使って僅か数分で30メートルあるその家屋を見事に直 […]
  • 佐賀県人会が還暦を祝う=副島副知事ら15人来伯=創立60周年に絆確かめ2015年8月8日 佐賀県人会が還暦を祝う=副島副知事ら15人来伯=創立60周年に絆確かめ  ブラジル佐賀県文化協会(西山実会長)が2日、1946年の創立から60周年を祝いサンパウロ市の同会会館で記念式典を行なった。副島良彦副知事、中倉政義県議会議長ら一般含め15人の慶祝団が祝福に駆けつけ、当日来場した約270人の関係者と共に、還暦の節目を祝った。 […]
  • サンパウロ市バス=揉め事でターミナル閉鎖=運行止まり18万人に影響2011年4月16日 サンパウロ市バス=揉め事でターミナル閉鎖=運行止まり18万人に影響 ニッケイ新聞 2011年4月16日付け […]