ホーム | 文芸 | 刊行 | ブラジルNAK=創立10周年で書籍出版=『歴史を見つめて、110周年』

ブラジルNAK=創立10周年で書籍出版=『歴史を見つめて、110周年』

『歴史を見つめて、110周年』表紙

 ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(Institudo NAK do Brasil=INB/北川ジューリア好美会長)は、昨年の日本移民110周年を記念した書籍の出版とINB創立10周年を祝う式典を23日(水)午後6時半から、ジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52 – Bela Vista)で行う。出席は関係者のみ。
 INBが、ブラジルで法人登録してから10周年を迎えたことを祝う。
 今回出版される書籍は『Um Olhar na História: 110 Anos da Imigração Japonesa no Brasil(歴史を見つめて ブラジル日本移民百十周年)』(エリアネ・マシャド著、ロヨラ出版、196ページ、日ポ対訳)で、110年の日本移民の歴史をまとめたもの。発行部数は1500部。
 書籍は当日の出席者に無料配布される。今後の販売予定はなく、希望者に無料で配布する。希望者は北川会長(電話=11・97530・9082)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • INB=創立10周年で移民史出版=『歴史を見つめて、百十周年』2019年11月2日 INB=創立10周年で移民史出版=『歴史を見つめて、百十周年』  ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(Institudo NAK do […]
  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 『ブラジルの日系人』第4版=出版会30日、優秀論文発表も2018年10月19日 『ブラジルの日系人』第4版=出版会30日、優秀論文発表も  移民二世の視点が中心となって描かれた移民史『O Nikkei no Brasil(ブラジルの日系人)』の第4版の出版記念会が、30日午後7時から、文協貴賓室(R. Sao Joaquim, […]
  • 『日本事情豆知識』出版=日本の生活に密着した文化紹介2018年10月5日 『日本事情豆知識』出版=日本の生活に密着した文化紹介  日本文化を日ポ両語で紹介する『日本事情豆知識』(グラフィカ・パウロス出版)が出版された。全75ページ、40レ。500冊。  翻訳家の栗原章子さん、日伯文化連盟(アリアンサ)で日語教師を務める西澤紘子さん、サンパウロ大学日本文化研究所の菊池渡所長が執筆・編集を行なった […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]