ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボウソナロ大統領が日本に渡航、滞在している間も、社会自由党(PSL)内の抗争が止まっていない。週末には、議会(両院)政府リーダーを解任されたジョイセ・ハッセルマン氏がボウソナロ次男カルロス氏、三男エドゥアルド氏とネット上で派手に喧嘩をする光景も見られた。特にカルロス氏とのそれは、共に絵文字を使って批判しあったことでも話題を呼んだ。また、ネット上では、ジョイセ氏を幼児マンガのキャラクター名でもある「ペッパ・ピッグ」と称し、彼女の体型をからかうことが、「太った人への差別を助長する」として問題にもされている。こうしたネット上の喧嘩の低次元さはなんとかならないものか。
     ◎
 ここ最近、北東部での原油漂着による汚染が問題となっている。ボウソナロ大統領はこれを「ベネズエラのせい」と責めているが、非政府系環境団体やボランティアが作業に当たる姿が報じられているのに、同大統領や環境省は漂着した原油回収などの対策を採っていない。このため、大統領側が逆に「50日も前から原油漏れがわかっていたのに何をしていた」と批判されている。リカルド・サレス環境相は反論を試みたりしているが、アマゾン問題といい、課題は積み重なるばかり。
     ◎
 20日にボリビアで大統領選の一次投票が行われ、4選を狙うエヴォ・モラレス氏と対抗のカルロス・メーザ氏が決選投票に進んだ。得票率はエヴォ氏が45・7%でメーザ氏が37・8%。一見、エヴォ氏が有利に見えるが、3位、4位の候補がメーザ氏寄りのため、まだ読めず。決選投票は12月に実施だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年11月30日 東西南北  ボウソナロ大統領と三男エドァウルド下議が、今度は世界的俳優レオナルド・ディカプリオに噛み付いた。それは彼が協力している世界的な環境団体WWFが、パラー州の火災を起こした容疑で逮捕された非政府団体ブリガーダ・デ・アウテル・ド・ションに不正な形の資金援助を行っていた疑いが出たから […]
  • 東西南北2019年12月3日 東西南北  ボウソナロ大統領が11月29日に行った「アマゾンの森林火災はレオナルド・ディカプリオに原因がある」という発言は、この週末、国際的な報道機関のみならず、芸能メディアでも報じられるなどして一般大衆にも広がり、「では、ブラジル海岸部に漂着した油はタイタニック号から来たのか」「どおり […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月30日 □コロナ禍緊急日誌□  昨日、日本からアマゾンの小包が届いてビックリした。中身は本が一冊。国際郵便は止まっているので、なんだろうと思ったらDHLだった。ドイツの国際輸送物流会社で「世界最大の国際輸送物流会社」とも言われる。こんなときでもちゃんと期日通りに配達するとは、さすが「世界最大」だけある。 […]
  • サレス環境相が緊急入院=アマゾン森林火災で渦中に2019年8月29日 サレス環境相が緊急入院=アマゾン森林火災で渦中に  リカルド・サレス環境相(44)が27日夜、ブラジリアの病院に緊急入院した。28日付現地サイトが報じている。  サレス環境相は27日の午後11時過ぎ、ブラジリアの軍病院に入院した。「気分が悪くなった」とのことで、特に目立って大きな症状があるわけではなかったというが、入院させる […]
  • アマゾン森林伐採=1~9月は前年比93%も増える=9月ひとつきでも約2倍に2019年10月15日 アマゾン森林伐採=1~9月は前年比93%も増える=9月ひとつきでも約2倍に  【既報関連】今年1月~9月の法定アマゾンの森林伐採が93%増加したと、11日付現地紙が報じている。  今年最初の9カ月間のアマゾンでの森林伐採面積は7853平方キロメートルで、前年同期の4075平方キロメートルと比べて93%増加したことになる。  また、9月だけの比較だと […]