ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■これが即位の礼の引き出物

■ひとマチ点描■これが即位の礼の引き出物

鳳凰をあしらった純銀製の菓子器

 「即位の礼」に参加した菊地義治さんが「引き出物として受け取った」と見せてくれた、色とりどりの金平糖が入った純銀製の「ボンボニエール(フランス語で〃菓子器〃)」。
 NHKの報道によれば、明治時代以降、皇族の結婚式等の慶事の祝宴で出席者に贈る習わしがあるという。現上皇陛下が「饗宴の儀」を行った際にも、ボンボニエールが送られた。
 表面には、天皇家の紋章である菊花紋章と、前回の「即位の礼」で作られたものと同じく鳳凰の模様があしらわれている。この鳳凰の模様は、前回と今回のものを並べると対になるようにデザインされているのだとか。折角なので、2つ揃った状態を見たいところ?(亜)


□関連コラム□大耳小耳

 10月22日に東京の皇居で開催された「即位の礼」に参加した汎米日系人らは、翌23日にホテル・ニューオータニ東京で行われた内閣総理大臣夫妻主催晩餐会にも出席した。文化行事では、狂言師の野村萬斎さん、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん、文楽人形遣いの吉田玉男さんらが、五穀豊穣(ほうじょう)を祈り舞う演目「三番叟(さんばそう)」を共演。会場にいた菊地義治さんによれば、「このような豪華な顔ぶれによる伝統芸能の共演は、日本でもあまり披露されたことがないと聞いた」のだとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 『西風』第11号を発刊=移民問題やブラジル現状分析2020年7月2日 『西風』第11号を発刊=移民問題やブラジル現状分析  西風会(せいふうかい)は4月に「西風」11号(186頁)を刊行した。  今回は西風会の座談会を3回分掲載。テーマは「現代の移民問題について」参加者9人、「ブラジルの現状と将来」参加者10人、「海外に永住する日本人について」参加者8人が各テーマについて話し合った。 […]