ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》低収入世帯のインフレ率は0・56%=10月はデフレの項目もインフレに

《ブラジル》低収入世帯のインフレ率は0・56%=10月はデフレの項目もインフレに

 ブラジルで、世帯収入が法定最低賃金の2・5倍を超えない世帯の11月のインフレ率(IPC―C1)は0・56%だったと発表された。10月はマイナス0・12%のデフレだった。
 今年1月から11月までの累積IPC―C1は3・64%で、昨年12月から今年11月までの直近12カ月累積は3・98%だった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 西林総領事歓迎会=きょう文協で開催2005年8月26日 西林総領事歓迎会=きょう文協で開催 2005年8月26日(金)  サンパウロ総領事館の西林万寿夫総領事(52)が二十二日に着任したことを受け、ブラジル日本文化協会はきょう二十六日午後七時半から、文協貴賓室で歓迎会を開催する。日系諸団体との共催。 […]
  • コラム 樹海2010年5月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2010年5月22日付け […]
  • 第5回 東京とサンパウロのキョリは拡がっている?2014年11月15日 第5回 東京とサンパウロのキョリは拡がっている?  ブラジルをフィールドとするコンサルタントの重要な役割の一つに、進出企業の本社とブラジル支社の意思疎通をはかり、「距離を縮める」というのがある。しかし、なかなかどうして、これが難しい。 一番手っ取り早いのは、企業のトップにブラジルに来てもらって、しばらく滞在してもらうことだ […]
  • コラム オーリャ!2006年5月4日 コラム オーリャ!  チベット仏教と台湾の禅宗? 起源を辿っていけば交わる点があるかもしれない。でもなぜ?  ダライ・ラマ十四世が先ごろ来伯。講演会場の一つに、「ZU LAI」の名があるのを知って疑問に思った。チケットは完売。ロック・スター並みだ。 […]
  • サンパウロ市で現存、最古のサンバ学校=リベルダーデの下町に=「昔から日本人がいた」=ロゼメイレ会長が証言2003年3月4日 サンパウロ市で現存、最古のサンバ学校=リベルダーデの下町に=「昔から日本人がいた」=ロゼメイレ会長が証言 3月4日(火)  サンパウロ市に現存するエスコーラ・デ・サンバ(サンバ学校)で、最古の団体は実は東洋人街にある。バロン・デ・イグアッペ街をまっすぐ下ってジュンケイラ・フレイレ街に突きあたる角の左側(九八五番)だ。ロゼメイレ・マルコンデス会長は「当学校には昔から日本人が […]