ホーム | ブラジル国内ニュース | ジェンダーギャップ指数=ブラジルは149カ国中92位=教育、健康改善で3ランクアップ

ジェンダーギャップ指数=ブラジルは149カ国中92位=教育、健康改善で3ランクアップ

 スイスのジュネーブに本部を置く、世界経済フォーラム(WEF)が17日、世界各国の男女平等の程度を調査してまとめた「2019年ジェンダー・ギャップ指数」を発表。ブラジルは調査対象153カ国中92位(日本は121位)だった。17日付ブラジル紙が報じている。
 ブラジルの92位は前年の95位から3ランクアップだ。教育と健康の部門の指数は改善したが、経済や政治の部門での男女格差が大きいことが総合順位を下げている。
 同調査では、各分野で得られる機会やサービスを受ける権利の均等さの度合いが計測される。目的は世界中に存在する男女格差の問題に注意を向けさせ、その是正につなげていくことだ。
 WEFによれば、男女格差の是正は世界中で起こっており、去年から今年にかけて行った調査では、149カ国中101カ国で指数が向上したという。また、男女格差の解消に必要な時間の予測も、昨年の108年から、今年は99・5年へと短くなった。
 WEFの報告書はブラジルに関して、「前年度に比べて改善は認められるが、依然としてラ米諸国の中でも格差が大きい」としている。調査されたラテン・アメリカ諸国全25カ国の中でブラジルは22位だ。
 WEF創始者で主宰のクラウス・シュワブ氏は、「男女平等を推進することは、世界中で力強く公正な社会を築く基となる」と語っている。
 ブラジルは女性の平均寿命が男性より長く、健康と寿命の項目で上位につけている。また、識字率、初等、中等、高等教育を受けている比率など、教育面でも男女格差が少ないとされた。
 しかし、22人の閣僚中、女性は2人のみ、連邦議会の女性議員比率も18%で、政治参画の分野での評価が低かった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル丸=第7回同船者会を開催2018年3月27日 ブラジル丸=第7回同船者会を開催  1960年3月13日サントス港着、ブラジル丸の『第7回同船者親睦会』がリベルダーデ区の福島県人会館で開催され、20人が参加し親睦を深めた。  サンパウロ州各地のほかパラナ州、ミナス・ジェライス州などからも集まった。参加者の平均年齢は78.5歳だった。なかには800キ […]
  • 文協水曜シネマ=4月の上映予定2015年3月26日 文協水曜シネマ=4月の上映予定  文協水曜シネマ4月の上映日程が決まった。会場は、1日のみ大講堂、他の日は全て小講堂(Rua Sao Joaquim […]
  • コチア産組の栄華を偲ぶ=ピニェイロス文化親睦会55周年=山下譲二さん「日本人街だった」2018年11月8日 コチア産組の栄華を偲ぶ=ピニェイロス文化親睦会55周年=山下譲二さん「日本人街だった」  ピニェイロス文化親睦会の創立55周年記念式典が10月28日、サンパウロ市のピラチニンガ文化体育協会で開催され、60人余りが参加して賑やかに祝った。ピラチニンガ文協の傘下組織で、創立期にはコチア産業組合中央会のお膝元の日本人会としてにぎわい、会員数は800家族を数え、中 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(37)2016年7月14日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(37)  さもありなん。彼女は父親が有名な職人気質の庭園師で、名の知れた厳しい人。質素倹約を旨とした、誠に大和民族の誠心を子孫に残すのが趣味みたいな人物の頑固おやじ。子供たちにも厳しい人と噂があった。その家族の長女である。根性も座っていた。美人だが中小企業庁の公務員と聞いていた。 千年 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(87)2018年5月1日 どこから来たの=大門千夏=(87)  私に買えなかったあのルビーを、この若い娘がつけてオートバイに乗って郵便局に向かう。朝っぱらから。なんだか小娘に馬鹿にされたような気分になる。これって嫉妬心かな?  しかしこの国で五〇〇ドルと言うと大変な金額である。私たちはこのサイカーの運転手を一日中雇って、自転車の主はその […]