ホーム | ブラジル国内ニュース | ジェンダーギャップ指数=ブラジルは149カ国中92位=教育、健康改善で3ランクアップ

ジェンダーギャップ指数=ブラジルは149カ国中92位=教育、健康改善で3ランクアップ

 スイスのジュネーブに本部を置く、世界経済フォーラム(WEF)が17日、世界各国の男女平等の程度を調査してまとめた「2019年ジェンダー・ギャップ指数」を発表。ブラジルは調査対象153カ国中92位(日本は121位)だった。17日付ブラジル紙が報じている。
 ブラジルの92位は前年の95位から3ランクアップだ。教育と健康の部門の指数は改善したが、経済や政治の部門での男女格差が大きいことが総合順位を下げている。
 同調査では、各分野で得られる機会やサービスを受ける権利の均等さの度合いが計測される。目的は世界中に存在する男女格差の問題に注意を向けさせ、その是正につなげていくことだ。
 WEFによれば、男女格差の是正は世界中で起こっており、去年から今年にかけて行った調査では、149カ国中101カ国で指数が向上したという。また、男女格差の解消に必要な時間の予測も、昨年の108年から、今年は99・5年へと短くなった。
 WEFの報告書はブラジルに関して、「前年度に比べて改善は認められるが、依然としてラ米諸国の中でも格差が大きい」としている。調査されたラテン・アメリカ諸国全25カ国の中でブラジルは22位だ。
 WEF創始者で主宰のクラウス・シュワブ氏は、「男女平等を推進することは、世界中で力強く公正な社会を築く基となる」と語っている。
 ブラジルは女性の平均寿命が男性より長く、健康と寿命の項目で上位につけている。また、識字率、初等、中等、高等教育を受けている比率など、教育面でも男女格差が少ないとされた。
 しかし、22人の閣僚中、女性は2人のみ、連邦議会の女性議員比率も18%で、政治参画の分野での評価が低かった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に2020年6月4日 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に  【既報関連】5月25~26日に行われたダッタフォーリャの世論調査によると、回答者の52%が「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたと2日付G1サイトが報じた。  2069人への電話アンケートの結果、「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたのは52%で、「 […]
  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]
  • ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に2020年5月27日 ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に  【既報関連】世界保健機関(WHO)は25日、新型コロナウイルスに対するヒドロキシクロロキンの臨床試験差し止めを命じた。同薬とクロロキンは、ブラジル政府が同病の公式治療薬として承認するよう、諸方面に圧力をかけている薬剤だ。25、26日付現地紙、サイトが報じている。  WHOが […]
  • 《ブラジル》コロナ緊急援助金=2回目支払いは18日から2020年5月16日 《ブラジル》コロナ緊急援助金=2回目支払いは18日から  生活扶助(ボウサ・ファミリア、BF)受給者や零細企業家、非正規雇用者らを対象とする、新型コロナウイルスに伴う緊急援助金の2回目支払いが18日からはじまる。15日付現地紙サイトが報じている。   支払い予定日などのスケジュールは、連邦政府が15日付官報で明らかにした。    […]
  • 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か2020年5月23日 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か  アマゾナス州内陸部のサンガブリエル・ダ・カショエイラ市(SC)で、先住民の間にコロナ感染者急増中と22日付現地サイトが報じた。  同州内陸部にはコロナウイルスへの感染率や死亡率が高い市が集中している。中でもSCは10万人あたりの感染者発生率が999に達し、少なくとも15人が […]