ホーム | 日系社会ニュース | 文協定期評議員会=抜本改革に乗り出す新体制=10年後を見据えた事業計画=(下)=財政改善と共に先行投資も

文協定期評議員会=抜本改革に乗り出す新体制=10年後を見据えた事業計画=(下)=財政改善と共に先行投資も

山室エルベルト企画予算担当理事

 奥原常嗣副会長による発表の後、今年9月から新しく理事会に参加した山室信工(まこと)エルベルト企画予算担当理事(58、二世)が、来年度の事業方針と予算案について発表した。
 山室理事は「継続的な活動のためには、長期的な目線で計画を立てる必要がある」とし、10年後の文協「あるべき姿」の7項目を発表した。
 これは(1)ブラジル社会への貢献を強化、(2)日系団体の一体化を促進、(3)社会福祉活動の強化、(4)新たなる日本文化の普及促進、(5)日伯交流窓口としての任務遂行、(6)青年達のリーダーシップ強化による持続可能性を達成、(7)日本政府が提唱する第五期科学技術基本計画の促進だ。
 7項目を実現するために、財政改善と共に先行投資していく方針が挙げられた。山室理事は「スポンサー企業の増加、所有施設の収益増加、会員増加、イベントでの黒字会計を徹底し、全体的な収益を30万レアル増やす予定」と説明。
 今まで行ってこなかった先行投資として人材強化、施設改修、主力事業の強化などが紹介された。それに伴い、経費削減も行っていく。
 各イベントで経営計画や予算立てを行ってこなかった点にも言及し、「資金調達など財政面の仕事を行う部署を設け、やり方をシステム化させていきたい」と展望を語った。
 それと共に、新規事業も積極的に行っていくと発表。今年の8月に奥原副会長主導で行われた「ソサエティ5・0」講演会のような今の日本を紹介するイベントも今後どんどん実施する。

石川レナト会長

 今年10月、デカセギ子弟を対象に行った「ネットワーキング」のイベントでは、70人が参加し、日系企業代表も出席した。その結果、仕事がない2~3人の若者の仕事が決まったという。この活動は、今後も継続していく方針だ。
 今年度会計の見込みは収入546万レアル、支出536万レアルで10万レアルの黒字。まとまった黒字になるのは久しぶり。来年度の予算は収入576万3千レアル、支出546万3千レアルで30万レアルの黒字を見込む。65周年事業の資金としては、15万レアルを計上している。
 石川レナト会長は本紙の取材に対し、「文協は福祉団体なので儲かる必要はないが、活動にはお金がかかる。今回は経費削減を皆に意識してもらった」と回答した。
 就任1年目となった今年の活動については、「日系社会が一体となるため、全伯を回り交流を深めた」と総括し、最も印象に残った行事として「『即位の礼』の行事と海外日系人大会で天皇皇后両陛下の前で演説したこと。とても感動的な出来事だった」と述べた。


□関連コラム□大耳小耳

 ブラジル日本文化福祉協会の理事会に9月から新しく参加した、山室信工(まこと)エルベルト企画予算担当理事。石川レナト会長と共にNECブラジル社で働き、元NECブラジル社長、元NECラテンアメリカ副社長を務めた。石川会長が理事長を務めるサンタクルス病院の役員も兼任しており、信頼できる仲間を引き入れたようだ。山室理事によれば、「7月以降から赤字会計にならないよう努める他、若手の教育に力を入れて積極的に意見を取り入れている」のだとか。文協に足りなかった経営経験が豊富な人材として、奥原副社長と共に今後の活躍に期待したいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でもブラジル人を助ける」2019年6月27日 CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でもブラジル人を助ける」  2015年から国外就労者情報援護センター(CIATE)で専務理事として赴任している弁護士の永井康之さん(43、愛知県)が、7月15日に帰国するため離任挨拶で来社した。  歴代専務理事はみな日本からの駐在者だが、4年3カ月の駐在期間は過去最長。永井さんは「来た時はデカ […]
  • ■ひとマチ点描■「無事に120周年終え、ホッとした」2019年12月24日 ■ひとマチ点描■「無事に120周年終え、ホッとした」  「眞子内親王にご訪問頂き、無事に移住120周年を祝えてホッとしている」――ペルー日系人協会(APJ)の福元アベル会長(72、二世)がブラジルの日系団体との交流のために今月上旬に来聖してブラジル日本文化福祉協会や日本移民史料館、サンタクルス病院などを視察、9日に文協の忘 […]
  • 県連日本祭り=19万2千人が来場し盛況=「思ったより料理売れない」=各県人会から不安の声上がる2019年7月9日 県連日本祭り=19万2千人が来場し盛況=「思ったより料理売れない」=各県人会から不安の声上がる  海外では世界最大級の規模を誇る「日本祭り」が第22回目を迎え、5、6、7日にサンパウロ市南部のサンパウロEXPOで開催された。怒涛の3日間、会場では各県人会の青年や婦人部が一丸となって働く姿が目に付き、来場者は19万2千人(主催者発表)と活気を見せていた。その一方、郷 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■訃報■サンパウロ人文研元顧問、鈴木正威さん2020年4月21日 ■訃報■サンパウロ人文研元顧問、鈴木正威さん  サンパウロ人文科学研究所の元顧問、鈴木正威(まさたけ)さんが18日午前、入院中のサンタクルス病院で亡くなった。享年88。1月下旬に脳梗塞で一度入院したがいったん退院、3月に入退院を繰り返し、その後、自宅療養中に心臓発作を起こして再入院していた。20日時点で死因は不明。 […]