ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》法定最低賃金は月額1039レアルに=食肉価格高騰で、INPCが上昇

《ブラジル》法定最低賃金は月額1039レアルに=食肉価格高騰で、INPCが上昇

ブラジルの法定最低賃金が月額1千レアルを初めて超えた(参考画像・Marcello Casal Jr./Agência Brasil)

 ジャイール・ボウソナロ大統領は12月31日、「新年1月1日からの法定最低賃金を月額998レアルから1039レアルに増額する」とする暫定令に署名した。998レアルから1039レアルへの増額率は4・1%で、ブラジル地理統計院(IBGE)が出した、2018年の全国消費者物価指数(INPC)に等しい。1994年にレアルプランが採択されて以来、法定最低賃金が月額1千レアルを超えたのはこれが初めてだ。
 12月17日に議会で承認された2020年度の予算では、法定最低賃金は、998レアルから3・31%アップの月額1031レに設定されていた。これは、12月中旬の時点で、2019年のINPCが3・31%になると想定されていたからだが、年末に出された2019年のトータルでの正式なINPCの値は4・1%だったため、最低賃金も12月17日時点の想定額より8レアル高くなった。ブラジル経済省は、11月から年末にかねての食肉価格の高騰がINPCの数値を押し上げたという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ