ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》貿易収支黒字額は前年比20%減=亜国の不況や米中戦争響く

《ブラジル》貿易収支黒字額は前年比20%減=亜国の不況や米中戦争響く

多数のコンテナを積み込み、出航を待つ貨物船(Tânia Rêgo/Agência Brasil)

 ブラジル経済省が2日に発表したところによると、2019年の貿易収支は467億ドルの黒字で、前年比で約20%減額と2、3日付現地紙、サイトが報じた。
 19年の貿易収支黒字額は、景気後退期だった2015年の195億ドルこそ上回ったものの、同年以降では最悪の結果となった。19年の輸出総額は2240億ドルで前年比7・5%減、輸入総額も1773億ドルで、前年比3・3%減を記録した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 特集=文協とCIATE共催=「在日ブラジル人30周年」ライブ=日伯の人的交流を底支え=両国で活躍する新世代紹介=文協65周年、外交125周年2020年11月13日 特集=文協とCIATE共催=「在日ブラジル人30周年」ライブ=日伯の人的交流を底支え=両国で活躍する新世代紹介=文協65周年、外交125周年  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)のネットワーク・プロジェクト委員会と国外就労情報援護センター(CIATE、二宮正人理事長)が11月6日、7日、8日に「在日ブラジル人30周年」を記念し、日本での就労や教育、帰伯後のことなど、様々なテーマに焦点を当てたディスカッションを […]
  • 東西南北2020年11月12日 東西南北  ボルソナロ大統領に「政界のミック・ジャガー」という、ありがたくないあだ名がつけられはじめている。世界的なロックスター、ミック・ジャガーはサッカーのW杯で応援するチームがことごとく負けるジンクスで有名。それに似ているというのだ。ボルソナロ大統領もここまで、アルゼンチン、ボリビア […]
  • 《ボリビア》左派アルセ新大統領が就任=エヴォ氏も亡命先から帰還2020年11月10日 《ボリビア》左派アルセ新大統領が就任=エヴォ氏も亡命先から帰還  8日、ボリビアでルイス・アルセ氏の大統領就任式が行われた。亡命していた前任者のエヴォ・モラレス氏が9日に帰国した。9日付現地紙、サイトが報じている。  就任式は午後2時から首都ラパスにある国民議会の議事堂で行われた。アルセ氏はこの席で、昨年行われた大統領選後の暴動を […]
  • 《記者コラム》コロナ禍に立ち向かう世界の日系社会現地報告2020年11月10日 《記者コラム》コロナ禍に立ち向かう世界の日系社会現地報告  毎年10月に東京で開催される「海外日系人大会」がパンデミックを受け、今年は「オンラインフォーラム2020《「コロナの時代を乗り越える世界の日系人」》(https://www.youtube.com/user/wwtjadesas/)として開催された。  初のオンライン開催の […]
  • マラドーナ硬膜下血腫で手術=コロナかと入院、無事に成功2020年11月5日 マラドーナ硬膜下血腫で手術=コロナかと入院、無事に成功  アルゼンチンが生んだサッカーの伝説的選手、マラドーナが3日、硬膜下血腫の手術を受けて成功した。4日付現地紙が報じている。  マラドーナは60回目の誕生日を迎えた10月30日頃から体調がすぐれず、新型コロナウイルスの感染を疑い、2日から入院していた。検査の結果、コロナの感染は […]