ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》テメル大統領がマイア下院議長に再接近=新都市相に腹心人物で誠意=BNDES総裁人事も配慮?=社会保障改革に協力不可欠

《ブラジル》テメル大統領がマイア下院議長に再接近=新都市相に腹心人物で誠意=BNDES総裁人事も配慮?=社会保障改革に協力不可欠

ロナウド・ノゲイラ労働相(Edu Andrade – ASCOM/Ministério do Trabalho)

ロナウド・ノゲイラ労働相(Edu Andrade – ASCOM/Ministério do Trabalho)

 社会保障制度改革などを連邦議会で通過させることを目的に、テメル大統領が、ロドリゴ・マイア下院議長に近い人物を都市相に選ぶなどの策に出ていると、20日付現地紙が報じている。

 テメル大統領は19日、マイア議長宅を訪れて、昼食を共にした。そこには、先週末、大統領から次期都市相就任を正式に要請されたアレッシャンドレ・バウジー下院議員の姿もあった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ