ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ禍CPIで大統領広報役に逮捕請求?!=虚偽証言にレナン激怒して=政権擁護で発言二転三転=長男「馬鹿者」発言で騒然

《ブラジル》コロナ禍CPIで大統領広報役に逮捕請求?!=虚偽証言にレナン激怒して=政権擁護で発言二転三転=長男「馬鹿者」発言で騒然

12日のワインガルテン氏(Edison Rodrigues)

 12日、上院でのコロナ禍の議会調査委員会(CPI)で、ボルソナロ大統領の広報役的役割だった大統領府社会通信局(SECOM)元局長のファビオ・ワインガルテン氏が証言を行った。大統領をかばうことを目的に虚偽の証言を繰り返す同氏に対し、レナン・カリェイロス報告官がしびれを切らして逮捕を命じようとして、大統領派と大騒動を起こすなど委員会は大荒れとなった。12、13日付伯字紙、サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ