ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》農業・道路用の機械販売台数減少=19年は前年比マイナス8・4%に

《ブラジル》農業・道路用の機械販売台数減少=19年は前年比マイナス8・4%に

収穫量は好調だが、農業機械の販売、生産には結びついていない(Ofício da Imagem/Agrishow)

 ブラジル全国自動車工業協会(Anfavea)は7日、2019年のブラジル国内の農業、道路用の機械の販売台数は4万3700台で、2018年の4万7700台より8・4%減ったと発表した。
 19年12月のブラジル国内販売は両方合わせて3300台で、18年12月よりも24・4%減少した。ただし、19年11月と比べると0・8%増加した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • イベント情報2019年11月28日 イベント情報 EXPOSIÇÃO   MIRAITOWA  E SOMEITY – MASCOTES DAS OLIMPIADAS DE TOKYO 2020 – SÃO PAULO/SP Onde: Japan House São Paulo (Avenida Paulista […]
  • コラム オーリャ!2003年7月19日 コラム オーリャ!  カレーライスは庶民の味。でも、市販の輸入固形ルーは少し割高な気がする。  今でこそ固形ルーという便利なものがあるが、昔はカレー粉を使ってカレーを作っていた。スーパーでは、ブラジル製のカレー粉なら四レアル足らずで買える。 […]
  • 真剣な表情を見せる参加者ら2014年1月28日 「生徒も気軽に取り組める」=絵手紙を日語教育に活用 ニッケイ新聞 2014年1月28日 今月21日から3日間の日程で行われた『第56回全伯日本語教師研修会』のプログラムの一環として23日、サンパウロ市の日本語センターで「サンパウロ絵手紙友の会」を主宰する石井恵子さんらによる絵手紙講習会が開かれた。 全伯各地の日本語学校や日語 […]
  • 弾みつく植林行動=パ国イグアスー日本人会に=環境保護委員会が産声2007年1月30日 弾みつく植林行動=パ国イグアスー日本人会に=環境保護委員会が産声 2007年1月30日付け […]
  • 大耳小耳2011年6月30日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年6月30日付け […]