ホーム | 日系社会ニュース | ビジネス日本語講座2月開講=18日、22日に説明会

ビジネス日本語講座2月開講=18日、22日に説明会

村信政幸講師と藤永英明カルロス理事

 日伯文化連盟(アリアンサ、吉田エドワルド理事長)が実施する「日本語ビジネスコミュニケーションコース」が2月から開講されるにあたり、18日(土)と22日(水)にワークショップを兼ねた説明会が開催される。

 この講座は2018年に開始され、今回は第3期目の募集となる。タカラべルモント社の元駐在員、村信政幸さん(67、鳥取県)が講師を務める。1回の授業は2時間で、前期後期に16限ずつある。それを2年間受けて修了となる。

 N2レベルの日本語能力をすでに身につけている人が対象で、「ビジネスにおける敬語の使い方」「名刺交換のルール・名刺交換のロールプレー」から「席順の作法(会議室・食卓・タクシー)」「ビジネス文書の書き方」「顧客からのクレーム電話の受け方」「乾杯の音頭・来賓としての挨拶」など16のビジネスシーンを想定して、実践的なビジネス日本語を学習する。

 村信さんによれば、日本進出企業や日系企業にすでに勤めている会社員、これから勤めたい希望を持つ人、日本企業とビジネスの付き合いが多い人などが主に学んでいるという。

 村信さんはビジネス日本語を勉強するメリットとして、「日系人社員にはすでに英語やスペイン語を流暢に使いこなす人が多いわりに、補助的業務についている。ビジネス日本語学習を通して日本企業内での振るまい方を習うことで社内評価を高め、その人が本来持っている能力が十分に発揮できるようになるのでは」と説明する。

 第1期卒業生でもある藤永英明カルロス文化担当理事は「普通の日本語学校では教えない内容。日本企業について知っておくべき習慣や日本的な常識が習える。日本社会や文化に関する様々な内容が込められた講座なので、ビジネスマンでなくても勉強になる。本格的なビジネス日本語を学びたい人なら、誰でもどうぞ」と薦めた。藤永理事はフリーの通訳として仕事をしており、日本企業との付き合いが多い事から受講した。

 18日(土)のワークショップは、同連盟のピニェイロス校(Rua Deputado Lacerda Franco, 328)で、午前9時から10時半まで。22日(水)は午後7時から8時半まで。

 問い合わせや申し込みは、ピニェイロス校(pinheiros@aliancacultural.org.br、電話11・3031・5550)まで。またはサイトhttps://www.eventbrite.com.br/e/workshop-de-nihongo-business-communication-course-tickets-85827037981)からの申し込みも可能。

 

 

関連コラム・大耳小耳

     ◎

 アリアンサのビジネス日本語講座では、昨年末に第1期生7人が卒業した。講師の村信政幸さんは「ずっと会社員人生を送ってきて営業ばかりしてきた人間が、日本語教師をやるようになり、卒業生まで出した。あの時は、つい涙ぐんでしまいました」と思い出す。タカラべルモント社駐在員は2011年から14年まで。その後日本に帰って日本語教師の研修を受け、2016年に再渡伯して、念願のビジネス日本語の教師になった。会社員の経験が豊富だからこそできるビジネス日本語の教師は、まさに天職かも。

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 谷師範、110周年記念で筝演奏会=アリアンサ、文協で演奏会も2018年11月13日 谷師範、110周年記念で筝演奏会=アリアンサ、文協で演奏会も  ブラジル筝曲宮城道雄の会(長瀬令子会長)が、日本から谷真紗重師範を招聘し『谷真紗重 筝演奏会』を24日午前11時から、日伯文化連盟ピニェイロス文化センター(Rua Deputado Lacerda Franco, 328, […]
  • 進化続けるMNラーメン=味噌に続いて有機しょうゆ発売2019年10月1日 進化続けるMNラーメン=味噌に続いて有機しょうゆ発売  2012年にモジ市中心部にオープンしたMNラーメンは開店から7年がたち、独自の進化を続け、その評判は地元ブラジル人にも知れ渡って来た。何が進化と言えば、親会社のMNプロポリス社(和田カルロス社長)は、2018年には有機味噌、今年は本醸造有機丸大豆甘口しょうゆ「伯魂」を […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]