ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》豪雨災害続報=ミナス州でまた2人死亡=州内の死者数は54人に

《ブラジル》豪雨災害続報=ミナス州でまた2人死亡=州内の死者数は54人に

一夜明けベロ・オリゾンテ市内を清掃する職員(Secom)

 【既報関連】ブラジル南東部ミナス州では、24日から広範囲で大雨が降り、各地で被害が出ている。この断続的な雨の中、28日夜から翌日の朝にかけて州都ベロ・オリゾンテ市で強い雨が降り、各所で道路陥没や倒木が発生。24日からこれまでに確認されている州内の死者の数も54人に達した。29日付現地サイトが報じた。
 28日から29日にかけては、ベロ・オリゾンテ市近郊のノーヴァ・リマ市で、家の崩壊により男性が亡くなり、ベロ・オリゾンテ市から南へおよそ250キロのタブエレイロ市でも、大雨により発生した巨大な地割れに車ごと飲み込まれた女性が死亡。これで24日の大雨からの州内の死者は2人増えて54人になった。
 国立気象研究所によると、今年1月のベロ・オリゾンテ市の降水量は既に932・3ミリに達しており、観測史上最大雨量だった、1985年1月の850・3ミリを既に上回っている。
 ベロ・オリゾンテ市で最も大きな被害が出たのは、市内中南部、西部だ。28日から29日にかけて、ベロ・オリゾンテ市西部では3時間で101ミリ、中南部では175ミリの雨が降った。市内の主要道路テレザ・クリスチーナ大通りでは地割れが発生。用水路が溢れ、車が流される事態や舗装のアスファルトが広い範囲ではがれる事態なども数多く発生した。
 ミナス州では54人の死者が確認されているが、ベロ・オリゾンテ市市が13人と最も多い。州の最新の発表では、大雨で避難せざるを得なくなり、親類の家などに逃げた人数が3万8703人で、行くところがなく、学校や教会に身を寄せている人も8157人を数える。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中野コーゾー氏2008年9月26日 中野コーゾー氏 ニッケイ新聞 2008年9月26日付け […]
  • 大耳小耳2013年6月8日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年6月8日  日本を「最重要国」と位置づけるエミレーツ航空。同社のラルフ・アーズマン支社長自身も親日派で、記者会見ではジャルジンス区のお洒落な日本料理店を選び、料理に舌鼓。「日本語を学ぶ息子にせがまれて」と、今年の休暇は東京と京都を観光するとか。 […]
  • 《サンパウロ市》26歳女性をはさみで惨殺 恋人の男性を現在捜索中2018年8月11日 《サンパウロ市》26歳女性をはさみで惨殺 恋人の男性を現在捜索中  サンパウロ市南部で、26歳の女子学生が、はさみで惨殺される事件が起こった。第一容疑者と見られる恋人の男性は、現在逃走中だ。10日付現地紙が報じている。  殺されたのはアウバーネ・バルボーザ・デ・ジェススさんで、8日夜、サンパウロ市南部シダーデ・アデマールの自宅で遺体で発見さ […]
  • 初めての舞台でも笑顔=PIPA発表会に80人2013年10月11日 初めての舞台でも笑顔=PIPA発表会に80人 ニッケイ新聞 2013年10月11日  援協が運営する自閉症児療育学級「青空学級」(PIPA、井上健治代表)の『第9回発表会』が先月28日、援協本部で開かれた。12人の生徒らが「エコPIPA」をテーマに様々な出し物を行なった。笑顔一杯、落ち着いて発表に臨む子どもたちに、家族ら8 […]
  • 書評「移民と日本人」=京都府在住 宮沢之祐2019年8月17日 書評「移民と日本人」=京都府在住 宮沢之祐 ■わたしは誰か  ブラジルに来たのは誰なのか。ブラジル移民と、その末裔にとって、その問いは、「わたしは誰か」と同義かも知れない。  「移民と日本人」は、ニッケイ新聞の編集局長が、その問いの答を探った労作だ。副題に「ブラジル移民110年の歴史から」とあるが、その前史か […]