ホーム | ブラジル国内ニュース | 米国政府=ブラジルを途上国リストから除外=「対等な貿易関係」を要求=中国狙い撃ちのとばっちり?

米国政府=ブラジルを途上国リストから除外=「対等な貿易関係」を要求=中国狙い撃ちのとばっちり?

米国トランプ大統領(Official White House / Joyce N. Boghosian)

 米国政府は10日、ブラジル、アルゼンチン、インド、コロンビア、南アフリカ、中国など合計19カ国を「開発途上国」リストから外すことを決定したと、10、11日付ブラジル紙・サイトが報じた。

 開発途上国リストに入っていた国々は、米国産製品と競合する品物に補助金を出しても不問とされてきた。

 しかし、今回の措置により、リストから外された国々が不当な補助金政策を行っていないかどうかを米国が調査することも容易になり、行き過ぎた補助金政策を行った場合は、米政府から報復を受ける。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ