ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジルと友好関係築きたい中国=米国の裏庭で存在感強める狙い

ブラジルと友好関係築きたい中国=米国の裏庭で存在感強める狙い

2015年、中国の習近平主席と握手するジウマ・ロウセフ・ブラジル大統領(当時、Foto: Roberto Stuckert Filho/PR)

 「ブラジルとの関係に不和が続けば、中国は長期的に失うものが多くなるだろう」――中国大手シンクタンクの陣定定(Dingding Chen)インテリシア研究所所長は、UOLサイトの独占インタビューに答え、10日付けでそのようなコメントが報じられた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2014年7月3日 ■今週末の催し  土曜日(5日) 県連日本祭り、午前10時、サンパウロ市イミグランテス展示場(Rodovia dos Imigrantes, KM 1,5, Cursino)、日曜日も 日曜日(6日) 聖母婦人会慈善バザー、午前10時、サンゴンサーロ教会(入場はRua Rodrigo […]
  • コンフェデ杯=決勝戦当日も混乱止まらず=マラカナンの内外でデモ2013年7月31日 コンフェデ杯=決勝戦当日も混乱止まらず=マラカナンの内外でデモ ニッケイ新聞 2013年7月2日  サッカーのコンフェデレーションズ杯決勝が行われた6月30日、試合会場のマラカナン・スタジアム内外で同スタジアムの民営化などに反対するデモが繰り広げられ、騒動となった。1日付伯字紙が報じている。 […]
  • コラム 樹海2003年8月29日 コラム 樹海 […]
  • 2015年6月12日 リベルダーデRC=ニッケイパラセで歓迎会=世界のロータリアン招き  サンパウロ市アニェンビー国際展示場で6日から4日間開かれた「ロータリー国際大会」に参加した日本、米国、ニュージーランド、オーストラリアのロータリアン(ロータリー会員)を招き、リベルダーデ・ロータリークラブ(島之江ヨシオ会長、会員42人、以下「リRC」)が8日にサンパウロ市 […]
  • 《ブラジル》環境省=334の保護区見直しへ=元環境相らが新方針批判2019年5月11日 《ブラジル》環境省=334の保護区見直しへ=元環境相らが新方針批判  【既報関連】連邦政府の支出削減方針に従い、環境省が気候変動対策費を96%凍結した事や、ボルソナロ大統領や環境省が、334カ所の環境保護区の見直しを行う方針である事などを受け、元環境相8人が連名で現政権の環境政策や環境省のあり方を批判する文書を出したと9日付現地紙、サイ […]