ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジルと友好関係築きたい中国=米国の裏庭で存在感強める狙い

ブラジルと友好関係築きたい中国=米国の裏庭で存在感強める狙い

2015年、中国の習近平主席と握手するジウマ・ロウセフ・ブラジル大統領(当時、Foto: Roberto Stuckert Filho/PR)

 「ブラジルとの関係に不和が続けば、中国は長期的に失うものが多くなるだろう」――中国大手シンクタンクの陣定定(Dingding Chen)インテリシア研究所所長は、UOLサイトの独占インタビューに答え、10日付けでそのようなコメントが報じられた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ