ホーム | 日系社会ニュース | 7日が独立記念日のため=本紙8日(火)付休刊

7日が独立記念日のため=本紙8日(火)付休刊

 7日(月)が「ブラジル独立記念日」の祝日のため、翌8日(火)付新聞が休刊になる。よって次の刊行日は9日(水)付になるので、要注意を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■渥美誠さん2018年11月27日 ■訃報■渥美誠さん  県連故郷巡りを数多く手がけてきたグローバル・サービス旅行社の渥美誠社長が、今月24日、サンパウロ市カルボン・ブエノ街交差点を歩行中に大型観光バスに轢かれ、搬送先のバンデイランテス病院で亡くなった。享年68。  渥美さんは、1950年神奈川県藤沢市生まれ。57年に渡伯し、グァ […]
  • 愛知県=続々と日系教師誕生へ=教育大に約10人在籍=数年で現場に本格参入か2013年1月19日 愛知県=続々と日系教師誕生へ=教育大に約10人在籍=数年で現場に本格参入か ニッケイ新聞 2013年1月19日付け  デカセギ開始から28年目の年始早々、日本最多のブラジル人集住地域の愛知県では、まもなく在日ブラジル人が教師として教える側に本格的に回り始める時代になるという朗報が舞い込んだ。学力不振と不就学、それに伴う非行化と、日本の教育界で〃お荷物〃 […]
  • サントアンドレー=市が移民の日を祝う=記念式典を16日に2010年6月12日 サントアンドレー=市が移民の日を祝う=記念式典を16日に ニッケイ新聞 2010年6月12日付け  サントアンドレー市の「日本移民とその子孫の日」記念式典が、16日午後7時から、同市議会講堂「Vereador Joao Raposo Rezende Filho」で開催される。 […]
  • 選挙高等裁判所のメンデス長官=ブラジル統一地方選挙を振り返る=「最も暴力的な選挙」と定義2016年10月4日 選挙高等裁判所のメンデス長官=ブラジル統一地方選挙を振り返る=「最も暴力的な選挙」と定義  選挙高等裁判所(TES)のジウマル・メンデス長官は2日朝、今回の選挙を「これまでで最も暴力的な事件が多発した選挙で、ブラジルの治安悪化の表れ」と評したと2日付現地紙電子版が報じた。  選挙期間中、選挙絡みの暴力事件が多発するリオ市大都市圏などを視察した同長官は、「国の治 […]
  • 煎茶道静風流も=日本祭りに小間2008年7月18日 煎茶道静風流も=日本祭りに小間 ニッケイ新聞 2008年7月18日付け […]