ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》経常収支黒字は8月に37億ドル=統計開始以来で最高

《ブラジル》経常収支黒字は8月に37億ドル=統計開始以来で最高

 ブラジル中央銀行が23日、8月の経常収支は37億2100万ドルの黒字で、8月としては1995年の統計開始以来で最高と発表したと同日付ニュースサイトが報じた。昨年同月は30億3200万ドルの黒字だった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • スール銀行が発足=舵も舵取りもいないまま出航2007年12月11日 スール銀行が発足=舵も舵取りもいないまま出航 ニッケイ新聞 2007年12月11日付け  ルーラ大統領は九日、ブエノス・アイレスで行われたスール銀行の創立式に参加した。大統領は挨拶でスール銀行設立の趣旨はよいが、銀行経営に関する発言権は出資率に比例するよう求めた。 […]
  • ブラジル人、ポルトガルで出産=3年で3倍に増加2003年12月16日 ブラジル人、ポルトガルで出産=3年で3倍に増加 12月16日(火) […]
  • オーリャ!2014年10月11日 オーリャ!  先日、初めてサルバドールへ行った。気の置けない友人らと楽しいバカンスを過ごすはずだったのだが、移動中に読もうと選んだ本がマズかった。第一回芥川賞受賞作品として名高い石川達三著『蒼氓』だ。 戦前の貧しい農民たちが甘い夢につられて渡伯し、厳しい現実に打ちのめされながらも、ブラ […]
  • 刊行物『ぶらじる川柳』2008年10月2日 刊行物『ぶらじる川柳』 ニッケイ新聞 2008年10月02日付け […]
  • コラム 樹海2003年12月10日 コラム 樹海 […]