ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》在宅勤務と出勤混在は続く?=役職者の95%が恒常化を予測

《ブラジル》在宅勤務と出勤混在は続く?=役職者の95%が恒常化を予測

 リクルート専門のコンサルティング会社ロバート・ハーフの調査で、企業幹部の95%は在宅勤務と会社勤務を織り交ぜたハイブリッド型の勤務形態が恒常化すると考えている事が判明。在宅・遠隔勤務を認める企業は新型コロナのパンデミック前より、増えている事も明らかになった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ