ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ボリビア》アニェス前暫定大統領を逮捕=19年のクーデター関与容疑で

《ボリビア》アニェス前暫定大統領を逮捕=19年のクーデター関与容疑で

 ボリビアで13日未明、ヘアニネ・アニェス前暫定大統領が逮捕された。2019年に行われた大統領選後のクーデターに関与した容疑で、15日には4カ月間の公判前勾留が決まった。14、15日付現地紙、サイトが報じている。
 アニェス氏は13日未明、ラパスの自宅で逮捕された。逮捕時はBox型のベッドの中に隠れていたという。アニェス氏は、警察が来たのに気づいて隠れていたという。警察側は当初、アニェス氏がブラジルに逃亡したと考えたが、入念な捜査の結果、アニェス氏を見つけ逮捕した。
 同日は、アニェス政権時代の動力相、ロドリゴ・グスマン容疑者もトリニダードで逮捕されたほか、アロトゥーロ・ムリロ、ジェルコ・ヌニェス、ルイス・フェルナンド・ロペス、アルヴァロ・コインブラといったアニェス政権時代の閣僚も捜査対象となっている。

 アニェス氏は逮捕の直前、「(与党の)社会主義運動が独裁政権に戻ってしまい、政治的な迫害が始まった」と強い不満を述べていた。
 ボリビアでは2019年11月、エヴォ・モラレス氏の大統領4選をめぐり、国民が反発。エヴォ氏の邸宅襲撃や支持政治家への暴力行為などが見られた後、エヴォ氏が亡命。上議だったアニェス氏が暫定大統領に就任したが、国民からの支持率が低く、20年の大統領選出馬を断念。エヴォ氏の後任のルイス・アルセ氏が当選していた。
 同氏や前閣僚らへの罪状は、テロ、扇動、共謀の疑いとなっており、裁判所が4カ月間の公判前勾留を認めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロニアかるた会=第408回例会2010年3月31日 コロニアかるた会=第408回例会 ニッケイ新聞 2010年3月31日付け  コロニアかるた会(黒田貞徳代表)は、4月4日午後1時からブラジル鳥取交流センター(R. Dona Cesaria Fagundes, 323)で第408回例会を催す。 […]
  • ■今週末の催し2009年4月17日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2009年4月17日付け 土曜日  ブラジル日本語センター通常総会、十八日午後二時(第二次招集)、同センター(マノエル・デ・パイバ街43)     □ […]
  • ペドロ・デ・ララ氏、逝く2007年9月15日 ペドロ・デ・ララ氏、逝く ニッケイ新聞 2007年9月15日付け  【フォーリャ・デ・サンパウロ紙十四日】二年前から前立腺ガンで闘病中だった俳優でコメディアンのペドロ・デ・ララ氏(写真)が十三日、リオデジャネイロ市内の病院で死去した。八十二歳だった。 […]
  • コラム 樹海2005年4月26日 コラム 樹海 […]
  • 骨粗鬆症の早期発見に=無料検査で予防を=サンタクルース病院2006年2月28日 骨粗鬆症の早期発見に=無料検査で予防を=サンタクルース病院 2006年2月28日(火)  四十歳以上の女性を対象に、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)早期発見を目的とした超音波骨密度検査法(Ultrasonometria)を無料で、三月六~十七日までサンタクルース病院の骨密度検査部で行う。 […]