ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ルーラ出馬に向け左翼団結へ=左翼大物2人がPSBに

《ブラジル》ルーラ出馬に向け左翼団結へ=左翼大物2人がPSBに

 左翼の大物政治家であるマルセロ・フレイショ下議(社会主義自由党・PSOL)とフラヴィオ・ジノ・マラニョン州知事(ブラジル共産党・PCdoB)が離党し、ブラジル社会党(PSB)へ移籍することが確実視されている。PSBは労働者党(PT)への接近が噂されており、22年のルーラ元大統領の大統領選出馬に向け、左派団結の姿勢を見せはじめたといえそうだ。11日現地紙などが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ