ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人

《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人

カーニバルグッズとして、ボウソナロ大統領、ミシェッレ夫人、モロ法務大臣のお面を並べる小物店を紹介するエスタード紙

カーニバルグッズとして、ボウソナロ大統領、ミシェッレ夫人、モロ法務大臣のお面を並べる小物店を紹介するエスタード紙

 暦の上では、今年のカーニバルは3月5日。サンパウロ市では3月1日からサンバチームのスペシャルグループのパレードが始まる。中小規模のブロッコが街を練り歩く、道のカーニバルはすでに盛り上がり始める中、恒例の有名人、話題の人物のお面が売られ、好評を博している様子や、主要エスコーラによる新政権に批判的なパフォーマンスを、10日付現地紙各紙が紹介した。
 今年の“売れ筋”は、何と言ってもボウソナロ大統領、ミシェッレ夫人、セルジオ・モロ法務大臣のお面だ。
 「ボウソナロ新政権は“変わった奴”や“個性の強い奴”が多いから、誰の仮面を作ろうか迷う必要なんてない。TVのニュースはネタの宝庫」とお面職人のチアゴ・デ・ソウザ氏は語る。
 その他にも、新政権に軍関係者が多いことを批判する意図か、軍服を模した仮装の衣装、ダマレス・アウヴェス女性家族人権大臣の「男は青、女はピンク」発言を揶揄した、青やピンクのドレスも人気を博している。
 スペシャルグループのパレードに出場するエスコーラ、ホーザス・デ・オウロは、エスコーラ名の「ホーザ」(ピンク)にちなみ、男がピンクを着て、女が青を着て参加するイベントを企画、アウヴェス大臣の発言を揶揄している。
 スペシャルグループの別のエスコーラ「アギア・デ・オウロ」のパフォーマンスは更に過激だった。先週行われたリハーサル・パレードにおいて、エスコーラの一人がアドルフ・ヒットラーの仮装をしてボウソナロ大統領の“トレードマーク”、手で銃の形をつくるポーズを取ったのだ。
 アギアは「今年のパレードのテーマはこの行動に何ら関係がない」と発表、団員を排除することを決定した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ=アギア・デ・オウロが初優勝=原爆ドーム山車に賛否両論も=今年も日本人・日系人大活躍2020年2月27日 サンパウロ=アギア・デ・オウロが初優勝=原爆ドーム山車に賛否両論も=今年も日本人・日系人大活躍  先週末から毎年恒例のカーニバルが各地で行われ、サンパウロ市ではスペシャルグループに所属する14エスコーラ(チーム)がパレードを21、22両日夜から翌朝にかけてサンバパレード専用会場で披露した。日本人サンバダンサーやブラジル駐在員もあちこちのチームで参加した。中でも「知 […]
  • 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき2020年2月28日 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき  24日朝、コラム子がツイッターを眺めていると、突然、日本の知人から連絡が入った。「ポルトガル語で興味深いニュース記事をネットで見つけたのだが、言葉がわからないので教えてくれ」とのことだった。  それはサンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)で、エスコーラ、ア […]
  • (リオのカーニバル)50年前、ジャニス・ジョプリンが訪れる 薬物治療目的が終日飲酒した、女性ロック歌手の先駆2020年2月7日 (リオのカーニバル)50年前、ジャニス・ジョプリンが訪れる 薬物治療目的が終日飲酒した、女性ロック歌手の先駆  50年前の2月6日、世界における女性ロック歌手の先駆、ジャニス・ジョプリンが、薬物中毒の治療のためリオ市にやってきた。だが、カーニバル期間中だったがために、終日、酒を飲んで過ごしていたということが、ブラジル国内でひとつの伝説として語られている。  リオのカーニバルに観光で訪 […]
  • 東西南北2020年2月12日 東西南北  10日のサンパウロ大都市圏での大雨は、至るところで市民生活に大きな影響をもたらした。雨の影響は土砂崩れなどによる直接的な被害だけではなく、交通渋滞で数時間も車の中で待たされることになった人や、CPTMやバスの運行が滞ったことで通勤や通学に支障が生じ、欠勤などを余儀なくされた人 […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボウソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボウソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]