ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人

《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人

カーニバルグッズとして、ボルソナロ大統領、ミシェッレ夫人、モロ法務大臣のお面を並べる小物店を紹介するエスタード紙

カーニバルグッズとして、ボルソナロ大統領、ミシェッレ夫人、モロ法務大臣のお面を並べる小物店を紹介するエスタード紙

 暦の上では、今年のカーニバルは3月5日。サンパウロ市では3月1日からサンバチームのスペシャルグループのパレードが始まる。中小規模のブロッコが街を練り歩く、道のカーニバルはすでに盛り上がり始める中、恒例の有名人、話題の人物のお面が売られ、好評を博している様子や、主要エスコーラによる新政権に批判的なパフォーマンスを、10日付現地紙各紙が紹介した。
 今年の“売れ筋”は、何と言ってもボルソナロ大統領、ミシェッレ夫人、セルジオ・モロ法務大臣のお面だ。
 「ボルソナロ新政権は“変わった奴”や“個性の強い奴”が多いから、誰の仮面を作ろうか迷う必要なんてない。TVのニュースはネタの宝庫」とお面職人のチアゴ・デ・ソウザ氏は語る。
 その他にも、新政権に軍関係者が多いことを批判する意図か、軍服を模した仮装の衣装、ダマレス・アウヴェス女性家族人権大臣の「男は青、女はピンク」発言を揶揄した、青やピンクのドレスも人気を博している。
 スペシャルグループのパレードに出場するエスコーラ、ホーザス・デ・オウロは、エスコーラ名の「ホーザ」(ピンク)にちなみ、男がピンクを着て、女が青を着て参加するイベントを企画、アウヴェス大臣の発言を揶揄している。
 スペシャルグループの別のエスコーラ「アギア・デ・オウロ」のパフォーマンスは更に過激だった。先週行われたリハーサル・パレードにおいて、エスコーラの一人がアドルフ・ヒットラーの仮装をしてボルソナロ大統領の“トレードマーク”、手で銃の形をつくるポーズを取ったのだ。
 アギアは「今年のパレードのテーマはこの行動に何ら関係がない」と発表、団員を排除することを決定した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき2020年2月28日 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき  24日朝、コラム子がツイッターを眺めていると、突然、日本の知人から連絡が入った。「ポルトガル語で興味深いニュース記事をネットで見つけたのだが、言葉がわからないので教えてくれ」とのことだった。  それはサンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)で、エスコーラ、ア […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボルソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボルソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?2021年2月16日 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?  新型コロナの感染拡大抑制、減速化のため、各地でカーニバルのイベントがキャンセルされている。これにより、全国では最低81億レアルの損失が生じるという。  全国財・サービス・観光商業連合(CNC)が昨年の実績を基に試算したもので、交通費や宿泊費、食費、物品購入費、レクリ […]
  • 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に2021年2月6日 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に  リオ市役所が5日、例年ならばカーニバル恒例のパレードやブロッコの行進などが行われる2月12~22日のイベントや露店販売、観光客を乗せた乗り物の市内乗り入れなどを禁止すると同日付官報に掲載した。  エスコーラ・デ・サンバや主だったブロッコは既に、2月のカーニバル期間中 […]
  • リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に2020年12月17日 リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に  リオ市のエスコーラ・デ・サンバ独立リーグ(Liesa)が14日午後、21年7月11、12日の両日に予定されているスペシャルグループの行進(デスフィーレ)の順番を決めた。  新型コロナの感染拡大を防ぐため、抽選は各エスコーラの代表だけが参加して行われた。  11日の […]