ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 19日、サンパウロ市では地下鉄のストが4線にわたって起こったが、組合側は同日夜の総会で、20日以降のストを取りやめた。組合側によると、地下鉄公社とは合意に至っていないが、労働地域裁(TRT)の仲裁案受け入れが承認されたという。TRTは給与と手当の7・79%調整と来年3月のボーナス支給を提案した。組合側は25日の再交渉の席で地下鉄公社がこの仲裁案を受け入れることを期待しているが、25日に合意が成立しなければ、再度のスト決行もあり得るという。とりあえず、地下鉄の1~3号線、モノレール15号線は20日から通常運転に戻ったが、乗客の足以上に痛かったのは一刻も早くより多くの人にコロナのワクチン接種を行いたかった保健機関で、地下鉄が使えないために接種に行くことができない人が続出してしまった。スト行使は労働者の権利ではあるが、パンデミックの最中に利用者の命を犠牲にしてまでやるべきなのだろうか。
     ◎
 19日、リオ州ニテロイ市に、4日にコロナ感染症のために逝去した人気コメディアン、パウロ・グスターヴォを記念する道路プレートがお目見えした。これまでは「コロネル・モレイラ・セーザル街」と呼ばれていた道路がパウロ・グスターヴォ街となる。社会現象となった人なのでそれも納得か。リオ市では、殺害されたマリエレ・フランコ元市議の名前入りのプレートを叩き割る行為が問題となったことがあるが、くれぐれもそうした非礼がないように願いたいところだ。
     ◎
 19日のサッカーのリベルタドーレス杯。グループE3位だったレンチスタス(ウルグアイ)は最下位だったスポルティング・クリスタル(ペルー)に0―2で敗戦。この星のつぶしあいにより、同グループ2位のサンパウロが決勝トーナメントに進出した。サンパウロは同杯とサンパウロ州選手権のかけもちで疲弊気味だったが、ホッと一安心か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月16日 東西南北  14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1 […]
  • 東西南北2020年11月19日 東西南北  ブラジルでスポーツといえば、ほとんどサッカーで埋まるのが常。だが18日付現地紙は、ブラジルが生んだ伝説のボクサー、エデル・ジョフレが1960年11月18日に世界バンタム級チャンピオンに輝いたことと、それから60年が経過したことを大きな記事で伝えた。ジョフレといえば日本でもおな […]
  • 東西南北2020年11月18日 東西南北  15日の統一地方選でボルソナロ大統領が惨敗したことは昨日付本面でも触れたが、大統領前夫人のロジェリア氏も、リオ市議選でわずか2034票しか集められず落選。また「アサイ販売人のボルソナロ氏の幽霊職員」として話題を呼んだヴァル・ド・アサイ氏もアングラ・ド・レイス市の市議選に出馬し […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 東西南北2020年10月27日 東西南北  ハロウィンもまだ終わっていないのに、サンパウロ市セントロの3月25日通りや市内の各ショッピングセンターではもう、クリスマス商戦がはじまっている。場所によってはもうクリスマスツリーが飾られているし、パネトーネも店頭に並びはじめて久しい。例年よりもかなり早い展開だ。関係者はその理 […]