ホーム | 日系社会ニュース | 岐阜群馬三重=約800食をみごと完売!=前回同様、他から協力者続々

岐阜群馬三重=約800食をみごと完売!=前回同様、他から協力者続々

3県人会会長(左から長屋さん、磯さん、下川さん)

3県人会会長(左から長屋さん、磯さん、下川さん)

 三重県人会文化援護協会(下川孝会長)、群馬県人文化協会(磯白田ネウザ会長)、岐阜県人会(長屋充良会長)の3県人会が協力して、6月27日に日本食販売イベント「第2回がんばろう! みんな、元気! Juntos!」を開催した。
 同イベントは昨年10月も行われて好評だったが、今回も前回同様に予約時点で完売。焼きそばとたこ焼き、餃子、苺大福が入ったセットなどが約800食を販売、完売御礼の大盛況に終わった。
 同3県人会以外に東京都友会(鈴木ワグネル会長)、福島県人会(今井マリナ会長)からもボランティアが駆けつけ当日は50人程のスタッフが汗を流しながら調理・販売した。

中田一家(右端がひろゆきさん、左端がリリアンさん)

中田一家(右端がひろゆきさん、左端がリリアンさん)

 3県人会会長は「今回も完売でありがたい! また、イベントのたびに手伝ってくれるボランティアの方々にも本当に感謝しています。コロナ禍はまだ続きますが、皆さんの協力のおかげで助けられています」と笑みを浮かべながら感謝の声を述べた。

 イベントにボランティアとして活動したインダアトゥーバ在住の中田ヒロユキさん(三世)と妻中田・菊田リリアン・マサミさん(二世)と子供らは、「コロナ禍で大変な県人会の役に少しでも立てばと思い手伝った。皆で笑いながら料理ができて楽しい」とたこ焼きを家族で作りながら意気揚々と感想を述べた。
 当日は市議会議員の野村アウレリオ氏も販売物を受け取りにきて、その際「こういう時こそ助け合いが必要」と団結の重要性を述べた。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ