ホーム | コラム | 樹海 | ミランダ氏はブラジル史に残る暴露者になるか?

ミランダ氏はブラジル史に残る暴露者になるか?

ミランダ氏

ミランダ氏

 6月25日に上院のコロナ禍議会調査委員会(CPI)以来、ルイス・ミランダ下議への注目度があがる一方だ。かねてから高い注目を浴びていたこの日の証言で、「ボルソナロ大統領は、(インドのコロナワクチンの)コバクシンの不正契約で(連邦政府リーダーの)リカルド・バロス下議が関与していたことを事前に知っていた」と発言。ボルソナロ氏を窮地に追い込んだためだ。
 この言動をめぐり、国内のネット上では「歴史は繰り返す」「ミランダ氏はペドロ・コーロルの再来だ」「いや、ロベルト・ジェフェルソンだ」との声があがっている。これがなんともブラジルらしいし、この国の政治史を語る上でのキーワード的人物だと改めて思わされた。そして、こうした反応はきわめて適切だとコラム子は思った。
 そこで「ペドロ・コーロル氏」「ロベルト・ジェフェルソン氏」が何を意味するかを振り返ってみたい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ