ホーム | コラム | 樹海 | 次代につなぐ抗議行動の伝統

次代につなぐ抗議行動の伝統

 15日午後2時過ぎ、サンパウロ市のリベルダーデ駅で地下鉄にのると、セレソンのユニフォームを着て国旗を持つ人が異常に多かった。駅で止まるたびに、どんどん車内が黄色くなる。パライゾ駅の乗り換え時、到着した車両はすでに満員で、しかも真っ黄色だ▼ドアが開くとスゴイ声量で「ジウマ出てけ!」と大合唱、壁や天井をゴンゴン叩いて音頭を取る。ホームの乗客もそれに合わせて唱和を始め、すっかりデモ開始だ。明らかに昨年のサッカーW杯のブラジル代表の試合のとき以上の盛り上がりだ。なんとか乗り込むと、今度は「エイ、ジウマ、ヴァイ・トマ・ノ・◎―!」の大罵声の連呼と「ブラジル人の誇り」の大合唱。大統領には天国と地獄だ▼ブリガデイロ駅で降り地上に出ると、思いのほか家族連れや高齢者が多く、まるで田舎のブドウ祭り会場に来たようなのどかなさを一瞬感じた。でもすぐに「ジウマ、バンジーダ。ヴォセ・エスタ・フジーダ!」(ジウマは悪党、お前なんかクソ食らえ)としっかりと韻を踏んだリズミカルな罵声が大群衆から湧き出て、抗議集会だと思い知らされた▼それにしても彼らの罵声のセンスは絶品だ。激しさの中にどこかユーモアがあり、思わず笑いが漏れる。老若男女が歌うようにスローガンを大合唱し、実に楽しそうに溶け込む▼そんな道端で品の良いお婆さん二人が「今日はとっても良い日だわ」と、元気のいい若者を見ながら微笑んでいる姿がとても印象的だった。多くの家族連れも、この〃民主主義の大祭典〃の光景を子供の記憶に焼き付けようと思っているのだろう。誰も予想できなかった100万人の抗議行動だが、さて次は何が起きるのか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説2020年11月26日 マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説  アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外のティグレで心不全のため亡くなった。60歳だった。  マラドーナは3日、体調不良によりコロナウイルス感染を疑って検査入院した際、硬膜下血腫と診断され手術。8日後に退院した後は自 […]
  • 東西南北2020年11月18日 東西南北  15日の統一地方選でボルソナロ大統領が惨敗したことは昨日付本面でも触れたが、大統領前夫人のロジェリア氏も、リオ市議選でわずか2034票しか集められず落選。また「アサイ販売人のボルソナロ氏の幽霊職員」として話題を呼んだヴァル・ド・アサイ氏もアングラ・ド・レイス市の市議選に出馬し […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年11月12日 東西南北  ボルソナロ大統領に「政界のミック・ジャガー」という、ありがたくないあだ名がつけられはじめている。世界的なロックスター、ミック・ジャガーはサッカーのW杯で応援するチームがことごとく負けるジンクスで有名。それに似ているというのだ。ボルソナロ大統領もここまで、アルゼンチン、ボリビア […]