ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パラナ州国道でバス横転=フットサル選手らが死傷

《ブラジル》パラナ州国道でバス横転=フットサル選手らが死傷

大破したバスと対応に追われる救急隊員ら(8日付G1サイトの記事の一部)

 8日朝、ブラジル南部のパラナ州内を走る国道376号線で、フットサル(室内サッカー)チーム「ウムアラマ・フットサル」の選手らを乗せたバスが横転し、2人が死亡、20人が負傷したと同日付G1サイトなどが報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • きょうが投票最終日=2千人突破は確実か=聖総領事館2005年9月3日 きょうが投票最終日=2千人突破は確実か=聖総領事館 2005年9月3日(土)  八月三十一日に始まった公館投票がきょう三日で終わる。サンパウロ総領事館(西林万寿夫総領事)は、「休日ということもあり、最高の人出を予想している」とし、係員を増員して万全の体制で望む。 […]
  • サンタマリアの死者239人に2013年2月14日 サンタマリアの死者239人に ニッケイ新聞 2013年2月14日 […]
  • 大耳小耳2017年11月10日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』456号が10月に刊行された。《子の学資欠かしてならぬ鰯買ふ》(小橋矢介夫)という親の苦心があってこそ、子はUSP入学生の1割を占めるまでに。《女流らの粧ひ清しホ句の春》(三原春風)にある「ホ句の春」は、本来は「ホ句の秋」で「俳句を詠みたくなる秋」という意味とのこ […]
  • 百周年記念事業=最後の一般公募=12月31日まで2005年9月7日 百周年記念事業=最後の一般公募=12月31日まで 2005年9月7日(水)  ブラジル日本移民百周年祭典協会は三日に開かれた理事会で、九月十五日から百周年記念行事案の第三次一般公募を行うと発表した。記念事業案の一般公募は今回が最後となる。 […]
  • 特別寄稿=ブラジルに於ける日系人社会=消えていく日本人会、その後に残るものは=ブラジル和歌山県人会=会長 谷口ジョゼー眞一郎2019年3月12日 特別寄稿=ブラジルに於ける日系人社会=消えていく日本人会、その後に残るものは=ブラジル和歌山県人会=会長 谷口ジョゼー眞一郎  まず予め注意しておきますがこの一文は私の視点であり、異なった見解をもつ者がいてもおかしくない。しかし、ここに記した文章は架空の論で無く私自身の生涯で体験した証言である。  ブラジルに移住した日本人は戦前、戦後含めておそらく25万人強と推定されている。初代の日本人移民はこの新 […]