ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 東京五輪の女子スケートボードで13歳にして銀メダルを獲得したライッサ・レアルの人気が急上昇中のブラジルでは、スケートボード(スケボー)熱も上昇中。27日付アゴラ紙では早速、サンパウロ市内でスケートボードができる場所の情報を掲載している。そこに紹介されているのは、市庁舎近くに再オープンしたばかりのヴァーレ・ド・アニャンガバウーの大リンクをはじめ、12カ所だが、厳密には100カ所以上でスケボーを楽しめるという。とりわけ、子供たちの間で流行りそうな予感が広がっている。
     ◎
 先週前半も、ところによっては零度以下を記録する地区が出るほど冷え込んだサンパウロ市。先週後半から今週にかけては寒さが和らいでいたが、29日からは次の寒気がやってくるとか。観測所の予測によると、「最低気温が5度、最高でも14度までしか上がらない日がありそう」とのこと。深夜放送で五輪の中継を見る際も、しっかり着込む必要がありそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ