ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》黒人ゆえに泥棒呼ばわり?=公衆の面前で服脱がされる

《サンパウロ州》黒人ゆえに泥棒呼ばわり?=公衆の面前で服脱がされる

無実を証明するために衣服を脱いだシルヴァ氏と同氏を泥棒扱いした警備員達(9日付G1サイトの記事の一部)

 サンパウロ州リメイラ市で6日、隣接する市から買い物に来た黒人の男性が、値段を見ただけで何も買わずに店を出ようとしたところ、警備員に呼び止められた上、「商品を盗んだだろう」と問い詰められたため、泣きながらパンツのみの全裸となり、ポケットの中身も床にばら撒いて無実を証明するという事件が起きた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 西森議員「もはやストではない」=農業被害額は150億レ以上=二宮氏「投資避ける決定打ではない」2018年5月31日 西森議員「もはやストではない」=農業被害額は150億レ以上=二宮氏「投資避ける決定打ではない」  長引くトラック業者のストの影響を受けて、パラナ州農業関係者を基盤とする西森ルイス連邦下議(PR)と、進出企業に詳しいJETROサンパウロ事務所次長の二宮康史さんに意見を聞いた。なかでも西森下議は「国の根幹である食糧供給に支障が生じ、国民生活にも悪影響が及んでいる。トラ […]
  • 2014年7月10日 世界最大級の日系イベント「日本祭り」  サンパウロで毎年開催されている世界最大最大級の日本文化イベント「フェスティバル・ド・ジャポン(日本祭り)」が、7月4日から6日にかけて今年も開催されました。 この日本祭りは、サンパウロにある各県人会で構成される「ブラジル日本都道府県人会連合会」が主催しています。サンパウロ […]
  • ルス駅火災=営業再開への道のり険し=他施設の稚拙な防災対策露見=CPTM一部不能、メトロはOK2015年12月24日 ルス駅火災=営業再開への道のり険し=他施設の稚拙な防災対策露見=CPTM一部不能、メトロはOK  【既報関連】21日午後、サンパウロ市中央部ルス駅に併設されたポルトガル語博物館(MLP)で発生した火災の翌日、サンパウロ州技術調査院(IPT)は、同駅が営業を再開するためには、補修工事が必要だとの初期調査報告書を提出したと23日付エスタード紙が報じた。 この調査はサンパウロ州 […]
  • 「歌う為に生まれてきた人」=民謡界に注目の新人現る2017年6月2日 「歌う為に生まれてきた人」=民謡界に注目の新人現る  第2回本荘追分ブラジル大会に出場した民謡歴1年半、非日系の新人イングリッジ・エスピンドラさん(22、リオ市在住)の歌声に、当地民謡界が衝撃を受けている。日本行きをかけた決勝戦でおしくも3位だったが、実は本荘追分を始めてわずか1カ月半だと聞いて関係者は絶句した。  同 […]
  • サントス魚祭り=ボラ、脂乗ってます2004年7月2日 サントス魚祭り=ボラ、脂乗ってます 7月2日(金)   サントス市の金星クラブ(中江定男会長)は第二十六回魚祭りを今月第二、第三、第四、第五の各金曜、土曜日に開催する。いずれも午後七時半から会場は金星クラブ。 […]