ホーム | ブラジル国内ニュース | 《南米サッカー》ブラジルの東京五輪男子サッカー出場決定 激戦の南米予選を2位で突破

《南米サッカー》ブラジルの東京五輪男子サッカー出場決定 激戦の南米予選を2位で突破

ブラジルを東京五輪出場に導く活躍を見せたFWマテウス・クーニャ(ヘルタ・ベルリン)(Lucas Figueiredo / CBF)

 コロンビアで開催されていた、東京五輪に向けた男子サッカー南米予選で9日、ブラジルが五輪出場を決めた。10日付現地紙が報じている。

 ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、コロンビアによる決勝リーグからは、2チームが東京五輪に出場できる。ブラジルは3日と6日のコロンビア戦とウルグアイ戦で引き分け、勝ち点2をあげた。アルゼンチンは2連勝して勝ち点6をあげ、進出を決めたが、コロンビアとウルグアイは共に1敗1分で勝ち点1だった。

 ブラジリア時間9日20時からのウルグアイ対コロンビア戦は、3―1でウルグアイが勝ち、勝ち点を4とした。この時点で、ブラジルが出場を決めるには22時30分からのアルゼンチン戦での勝利が必要となった。

 この試合、ブラジルは序盤から攻め、前半12分にパウリーニョのシュートで先制。29分にはセンターフォワードのマテウス・クーニャが決め、2点目をあげた。

 クーニャは後半10分にも、この日2点目で、今大会得点王(5点)も決める3点目をあげた。また、守備陣がアルゼンチンの攻撃を無失点に抑えてこの3点を守り、東京五輪行きを決めた。

 ブラジル代表は、金メダルに輝いたリオ五輪に続く、2連覇を目指す。

image_print

こちらの記事もどうぞ