ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル健康体操15周年=オンライン総会で祝う

ブラジル健康体操15周年=オンライン総会で祝う

オンラインで健康体操を行う様子

オンラインで健康体操を行う様子

 ブラジル健康体操協会(川添敏江会長)は今年創立15周年を迎え、8月1日にオンライン総会を開催、バイーア州サルバドールやパラナ州ロンドリーナからも参加があった。コロナ禍で対面イベントが開催できなかったため、「健康体操15年のあゆみ写真集」と「健康体操61グループ写真」を編集し、同総会で会員に配信した。
 当日は「健康体操と私」をテーマとしたメッセージコンクールも催し、合計255の応募があった。その中から20メッセージを厳選して発表となった。その中には、サンパウロ州サントアンドレ市在住で100歳の高原勝弘さんもおり、力強い自筆メッセージを本人が読み上げて参加者を驚かせた。
 静岡県浜松市にある本部の全日本健康音楽研究会の豊田英二理事長や松本葉子指導部長、中平マリコさんなどからも、ブラジル健康体操との出会いから現在までを振り返りを激励するお祝いのメッセージが届いた。
 同協会は、社会福祉への貢献も活動の一環として掲げており、今回の15周年を記念して会員からできる範囲での寄付金を募った。その資金で憩の園に1万700レアル、こどものそのに8600レを寄付した。さらに文協の移民史料館改修にも4千レを寄付した。
 約1400人の会員を持つ同協会は、昨年12月よりSNSを通じてオンライン授業を行っており、計45グループ約500人が参加している。
 川添会長は「健康体操は皆様に支えられ15周年を迎えました。自粛生活の中、日本情緒を仲立ちとした健康体操が中高齢者の身体的にも精神的にも大きな支えとなっています。オンラインに参加している生徒さんは、とても元気にこのパンデミックを乗り越えています。再会の日を楽しみに待ちながら、辛抱の先にも明るい希望を見出しています」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2006年8月26日 東西南北 2006年8月26日付け […]
  • 日系移民作家=ノーベル文学賞受賞=サンパウロ市 駒形秀雄2017年10月10日 日系移民作家=ノーベル文学賞受賞=サンパウロ市 駒形秀雄  スエーデンアカデミーは10月5日、2017年度のノーベル文学賞の受賞者決定を発表しました。世界的文学賞受賞者に選ばれたのは日本生まれの英国籍作家、カズオ・イシグロ氏(62才)です。  私達、同じ日本人として大変嬉しく、かつ、誇らしい気持ちになりました。 […]
  • 水曜シネマ=プログラム2007年6月2日 水曜シネマ=プログラム 2007年6月2日付け […]
  • 空調設置枠にはまって御用=寛大な店主、泥棒を無罪放免2015年10月15日 空調設置枠にはまって御用=寛大な店主、泥棒を無罪放免  12日の早朝、アマゾナス州マナウス市西部のコンペンサ区で、身長約160センチ、体重約80キロの男がガラス屋に盗みに入ろうとしたが、エアコンを備え付けるための枠に身体が挟まって動けなくなる事件が発生した。 枠に挟まって動けなくなった男は明らかに酔っており、パンツ一枚で、足をばた […]
  • 幼児服専門の家族企業=FBへの作品掲載契機に2015年1月21日 幼児服専門の家族企業=FBへの作品掲載契機に  フォルタレーザ市在住のゼウダ・レボウサスさんは、約2年前までは友人の子供への贈り物として幼児服を作っていたが、現在は、国内はおろか、スイス、米国、スペインなどからの注文も捌く子供服専門のアトリエ・デ・アルテスを経営している。 ゼウダさんが外注で幼児服を作り始めたのは、娘の […]