ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》「国民への宣言」が意味するもの=テメル前大統領仲介という分水嶺

《記者コラム》「国民への宣言」が意味するもの=テメル前大統領仲介という分水嶺

 

久々にサンパウロ市パウリスタ大通りを埋めた大統領支持派のデモの様子(Foto: Isac Nóbrega/PR)

モラエス判事を「悪党」と呼んだ2日後「教授」

 9月7日(火)午後、ボルソナロ大統領はサンパウロ市パウリスタ大通りでアレシャンドレ・デ・モラエス最高裁判事を「Canalha!(悪党)」と呼び、「最高裁判事を辞めるべきだ」「おまえが下した判決には決して従わない」と大見得を切って、集まった12万人の支持者から喝采を浴びた。午前のブラジリアでのデモの演説は抑え気味だったが、サンパウロ市では名指しで激烈な言い回しをした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ