ホーム | コラム | 樹海 | W杯日本代表に日系社会から応援を

W杯日本代表に日系社会から応援を

ニッケイ新聞 2014年4月2日

 W杯で日本戦があるたびに当地TV局から「日系人が集まって応援する場所はないか」との問い合わせがあり、「ないね」と答えるとガッカリする。ところが最近、韓国コロニアなどは若い人が民族服まで来て熱心に応援する光景が放送される▼今回は地元開催だけに、一般国民と一緒になってW杯を盛り上げる役割が、各国コロニアに期待されている。県連日本祭り会場では、ぜひ盛大にブラジル代表戦の観戦会をして盛り上がり、日系社会の存在をアピールしてほしい▼世界最大の日系集団地として、サンパウロ市及び各地で日本代表戦の観戦会をすることは最低限すべき役割だろう。県人会サロンに投影機を用意して観戦を呼びかければ十分ではないか▼あとイトゥーで合宿する日本代表の歓迎会をする案が、聖南西連盟で出ているのは素晴らしい。選手本人はムリでも監督やサッカー協会関係者を招いて、地元ブラジル人と一緒になって親日的な歓迎会をして「ホーム」(自陣)の雰囲気を演出し、本来の実力を発揮して過去最高の成績を残せるように支援したい▼「コロニア名産品」を合宿所に無償提供し、メニューに加えてもらうのも一興だ。ピラールやピエダーデのブドウや柿等、モジやスザノの新鮮野菜、サンジョアキンのリンゴや葡萄酒、ラモスの和梨、トメアスーのアサイなど熱帯果実ジュース、バストスの卵、グアタパラーの味噌やレンコン、アリアンサのパイナップルやマモンの漬物、レジストロのもち米や天谷茶など数え切れない▼アチバイアやアルジャーの蘭等の花で合宿所を飾るのも良い。世界広しといえど、そんなことができる国は他にはない。それがコロニアの〃持ち味〃だ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 樹海2014年6月28日 樹海  今年も県連主催の「第17回フェスティバル・ド・ジャポン」がサンパウロ市で来月4~6日まで行われる。開催までは会場費の問題を中心に、すったもんだするが、あとは開幕を待つだけだ。W杯の日本代表は残念だったが、ブラジルに残っている日本人観光客はまだいるはず。是非足を運んで欲しい […]
  • コラム 樹海2013年10月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年10月29日  県連日本祭りの会場問題がまた持ち上がっている。世界最大級の地元開催による日本をテーマにした祭りだけに、このまま消滅してしまうのは誠に惜しい。もちろん県連関係者にこそ、その想いが強いだろう。来年はサッカーW杯と重なる時期だけに、日本からの来 […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • 《ブラジル》新企画=Jリーグや五輪の講演会=復活の山形県人会青年会=若者主体でイベント開催2017年12月6日 《ブラジル》新企画=Jリーグや五輪の講演会=復活の山形県人会青年会=若者主体でイベント開催  ブラジル山形県人会(篠原俊巳会長)の青年会(タマリ・シンジ会長)が2日午後、サンパウロ市の宮崎県人会館で「日本のサッカーと2020年東京五輪」講演会を開催した。青年会のアドバイザー、有山良治さん(45、二世)らに青年会活動について取材した。  同講演会の講演者は3人 […]
  • 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中2016年4月30日 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「代表者会議」が28日、文協ビル同会議室内で行われ、県連創立50周年記念式典、第19回日本祭りの議題を中心に、熊本地震災害義援金などの報告が行なわれた。50周年記念式典は当初9月18日に予定されていたが、8月7日に前倒しとなった […]