ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ市》偽文書提示や賄賂を払う人も=接種証明がなく入場不能で

《リオ市》偽文書提示や賄賂を払う人も=接種証明がなく入場不能で

賄賂を払って証明書を受け取ろうとする人もいると報じる24日付G1サイトの記事の一部

 リオ市市役所が15日から、様々な施設やイベントの入り口で新型コロナの予防接種を受けた事を証明する書類の提示を義務化した事を受け、接種を受けていないのは身分証明書を盗まれたからといって別人の名前の被害届を提示する人や、接種会場の職員に賄賂を渡したり、証明書を受け取っただけで接種を受けずに帰ってしまったりする人が出ていると24日付G1サイトなどが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ