ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》失踪中の女性を遺体で発見=壁に塗り込められた絞殺体で

《サンパウロ州》失踪中の女性を遺体で発見=壁に塗り込められた絞殺体で

失踪中の女性が壁に塗り込められ、遺体となって発見されたと報じる5日付G1サイトの記事の一部

 サンパウロ州海岸部サンヴィセンテ市エスプラナダ・ドス・バレイロス区で建設中の家屋で、9月27日から行方不明になっていたジョイセ・マリア・デ・グロリア・ロドリゲスさん(25)が遺体で発見され、建設に携わっていた左官らが逮捕されたと5、6日付G1サイトなどが報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 2009年7月2日 ■ひとマチ点描■牛祭りの地からデカセギ ニッケイ新聞 2009年7月2日付け  パリンチンスで宿泊したホテルを朝7時に散歩に出たら、「コンチニワ」と声をかけるブラジル人あり、「こんなところで日本語」と驚く。わけを聞けば、このロナウド・アカシオさん(40、写真右)、実は奥さんが日系人で06年まで1年間、神奈川県の […]
  • 亜国=沖県連婦人部の敬老会=会館大ホール満たして賑わう=世代交代、高齢者層にも2010年5月18日 亜国=沖県連婦人部の敬老会=会館大ホール満たして賑わう=世代交代、高齢者層にも ニッケイ新聞 2010年5月18日付け  【らぷらた報知】沖縄県人連合会婦人部主催の敬老会が去る17日(土)17時より開かれたが、会館大ホールをいっぱいにする出席者があり、賑わった。 […]
  • 【祝 福博村入植80周年】戦後移住者が主役=より集約的で合理的経営2011年10月22日 【祝 福博村入植80周年】戦後移住者が主役=より集約的で合理的経営 ニッケイ新聞 2011年10月22日付け  福博村の経済を大きく支えているのは、すべて戦後移民(子ども移民を含む)で、 井野一彦、高木政親、渡邊勇、林幸美、田辺治喜さんの5人が村の各業界大手の大黒柱だ。皆がそれぞれの分野で先進的な技術を持って、単位面積当たり高い収益を上げる集 […]
  • 援護協会=「乳がんの早期発見を」=婦人科人間ドック、8月2011年7月23日 援護協会=「乳がんの早期発見を」=婦人科人間ドック、8月 ニッケイ新聞 2011年7月23日付け  リベルダーデ医療センター(Rua Fagundes, 121)では、8月1〜31日まで、婦人科キャンペーンとして人間ドック(チェックアップ)を実施する。 […]
  • ボルソナロ=回復遅れ、退院1週延びる=病室から議会にメッセージ2019年2月6日 ボルソナロ=回復遅れ、退院1週延びる=病室から議会にメッセージ  先月下旬から人工肛門をとりはずす手術のために入院中だったボルソナロ大統領の退院が、発熱などのために1週間延期されることになったと5日付現地紙が報じている。  腸の結合手術を1月28日に受けて以来、ボルソナロ大統領はサンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。 […]