ホーム | コラム | 樹海 | 大司教らが武装化や虚報、汚職を批判

大司教らが武装化や虚報、汚職を批判

「愛される国であるためには武器は排除されるべき」と語るブランデス大司教(12日付G1サイトの記事の一部)

「愛される国であるためには武器は排除されるべき」と語るブランデス大司教(12日付G1サイトの記事の一部)

 ブラジルの守護者ノッサ・セニョーラ・アパレシーダの日の12日、サンパウロ州アパレシーダの聖堂やブラジリアの聖堂で行われたミサで、大司教などから武装化や虚報、汚職を批判するメッセージが語られた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ